【COD MW】Dragnov おすすめのカスタム(ガンスミス)と立ち回りについて

Call of Duty Modern Warfareのスナイパー「Dragnov」に関する内容です。この記事では、Dragnovのアタッチメント・エイム速度(ADS)・立ち回りを紹介します。

1 Dragnovの特徴について

Dragnovは木製のストックが採用されています。Modern Warfareのスナイパーの中で、「アタッチメントなし」の状態で比較するとエイム速度が最も速い(0.533秒)です。スナイパーの中で最も威力が低く、胸より上に当てるとワンショットワンキルを取ることができます。当たり判定がシビアなので1発でキルを取れず、半傷になることが多いです。

コッキングが無いため、連射速度に優れています。半傷になった時にすぐに2発目を撃つことができます。基本的には「に当てる」ことを意識して使用します。

2 立ち回りについて

後衛に回って、ゆっくりとした立ち回りがおすすめです。マップの側面に回り込む・屋上に上がるなど、敵と距離を離すと有利に戦うことができます。

また、1発でキルを取ることが難しいため、狭い場所に行かないように注意すると良いと思います。ヘッドショットラインに画面の中心を合わせ、敵を見つけた時にすぐに頭を狙うことができるようにする必要があります。

3 おすすめカスタム

エイム速度に特化

クイックショットが得意で凸砂をしたい!」「できるだけエイム速度を上げたい!」という人におすすめです。「長所:エイム速度」のアタッチメントを4つ使用したカスタムです。エイム速度は0.333秒(-0.2秒)まで短縮されます。0.333秒の場合、アサルトライフルのFR5.56やAK-47と同じエイム速度です。

  名称 長所 短所
サイト  スカウトコンバットサイト エイム速度(-0.033秒) ズーム倍率
バレル  510mmコンパクトバレル エイム速度(-0.067秒)
移動速度
弾丸の速度
反動制御
ストック FTACストーカースカウト  エイム速度(-0.033秒) エイム安定性
レーザー  タックレーザー エイム速度(-0.067秒)
エイム安定性
エイム時移動安定性
レーザーの被視認性

デメリットは2つあり、「弾丸の速度が落ちること」「レーザーによって敵に位置がバレてしまうこと」です。弾速が落ちることで、遠くの動いている敵に弾を当てることが難しくなります。

バランスの取れたカスタム

「中距離〜遠距離で立ち回りたい!」「クイックショットが苦手!」という人におすすめのカスタムです。エイム速度は0.567秒(+0.033秒)低下していますが、アタッチメントなしの状態でエイム速度が速いため、他の部分を強化しています。「660mm拡張バレル」は射程距離の増加・弾速の上昇というメリットがあり、遠距離の敵を倒す時に役立ちます。「連射速度が速い」という特徴があるため、拡張マガジンとスライハンドによって「弾切れを防ぐ」ようにしています。

  名称 長所 短所
サイト スカウトコンバットサイト エイム速度(-0.033秒) ズーム倍率
バレル 660mm拡張バレル 射程距離
弾丸の速度
反動制御
エイム速度(+0.067秒)
移動速度
ストック FTACストーカースカウト エイム速度(-0.033秒) エイム安定性
弾薬 15ラウンドマガジン マガジン装弾数 エイム速度(+0.033秒)
移動速度
PERK スライハンド リロード速度

660mm拡張バレル」はメリットが多いので、おすすめのアタッチメントです。PERKを「フォーカス」にすると、1発目を外した時に被弾した場合にも2発目を狙うことができます。

4 まとめ

  • エイム速度・連射速度が速いスナイパー
  • 半傷になりやすく、胸より上を狙う

HDRやAX-50に比べてエイム速度が速いスナイパーです。威力が弱く、胸より上を狙う必要があります。覗き込んでから「しっかり狙う」とワンショットワンキルの確率が上がります。弾を撃った後、すぐにエイムをやめずに2発目も撃つつもりでスコープを覗いたままにすると良いと思います。

長距離で「ガン見」をするとHDRやAX-50に打ち負けやすく、近距離〜中距離ではアサルトライフルやサブマシンガンのような連射武器に打ち負けやすいです。中距離〜遠距離(中距離寄り)で戦うことを意識すると扱いやすいと思います。