【COD MW】Kar98k おすすめのカスタム(ガンスミス)と立ち回りについて

Call of Duty Modern Warfareのマークスマンライフル「Kar98k」に関する内容です。この記事では、Kar98kのアタッチメント・エイム速度(ADS)・立ち回りを紹介します。

1 Kar98kの特徴について

Kar98kはマークスマンライフルの中ではエイム速度が遅い(0.333秒)です。胸より上に弾を当てるとワンショットワンキルが取れます。ボルトアクション式のため連射速度が遅く、威力が高い武器です。クリップ装填式のリロードが採用されていおり、数少ない木製のライフルです。

デフォルトの状態ではアイアンサイトが非常に小さく、見にくいため、初期のレベル上げ(サイトを解除するまで)に苦労する武器の1つです。

2 立ち回りについて

Kar98kは遠距離になると、頭部のみワンショットワンキルになってしまい、扱いにくいです。近距離〜中距離では胸より上でワンショットワンキルが取れるため、中距離で立ち回ることをおすすめします。

スナイパーライフルに比べてエイム速度が速いため、凸スナに向いており近距離で使用することも可能です。しかし、サブマシンガンやアサルトライフルのように連射できないため、腰撃ちで弾をばら撒かれた時に負けやすいです。

3 おすすめカスタム

エイム速度に特化

「凸スナに使用したい!」「とにかくエイム速度を上げたい!」という方におすすめのエイム速度を最速にしたカスタムです。エイム速度は0.267秒(-0.067秒)です。マークスマンライフルの中では遅いく、スナイパーより速い状態です。

  名称 長所 短所
リアグリップ FTACスポーツコーム  エイム速度(-0.033秒)  エイム安定性 
ストック  ステッピング加工グリップテープ  エイム速度(-0.033秒)
ダッシュ後射撃速度
 エイム安定性
レーザー  タックレーザー  エイム速度(-0.033秒)
エイム安定性
エイム時移動安定性
 レーザーの被視認性

Kar98kはデフォルトのサイトが見にくいため、3倍サイトなど使い慣れたサイトを付けた方が扱いやすいです。例えば、3.5倍の「Cronen C480 Proサイト」を使用した場合、エイム速度は0.033秒遅くなり、「エイム速度:0.3秒」です。

バランスの取れたカスタム

扱いやすいようにエイム速度を速くし、スライハンドでリロード速度を上げたカスタムです。

  名称 長所 短所
サイト スナイパースコープ ズーム倍率 エイム速度(+0.067秒)
バレル シンガードカスタム25.1″ 射程距離 エイム速度(+0.067秒)
リアグリップ ステッピング加工グリップテープ エイム速度(-0.033秒)
ダッシュ後射撃速度
エイム安定性
ストック FTACスポーツコーム エイム速度(-0.033秒) エイム安定性
PERK スライハンド リロード速度

スライハンドについて

Kar98kの場合、倍率の高いサイトを使用するとリロード方法が変わります。弾を撃ち切った時に通常であれば、クリップで束ねた弾薬を使用してリロードします。スナイパースコープなどの大きなサイトを使用した時は1発ずつリロードするため、クリップ式のリロードよりも遅くなります。そのため、倍率の高いサイトとスライハンドは相性が良いです。

4 まとめ

  • 胸より上でワンショットワンキルが取れる(遠距離は頭部のみワンショットワンキル)
  • 中距離で立ち回ると扱いやすい
  • 高倍率のサイトを使用するときはスライハンドがおすすめ

Kar98kはMk2 Carbineと同様に扱いやすい武器です。遠距離で使用すると半傷が多いため、中距離で立ち回る際に使用してみてください。