【レビュー】DXRACERゲーミングチェアの使用感と選び方〜性能比較〜【DXZ】

この記事は「DX RACERのゲーミングチェア(DXZシリーズ)」のレビュー記事です。2019年1月に購入し、約1年間使用しています。私は初めてゲーミングチェアを購入しましたが、買ってよかったと思っています。長期間使用して分かったメリットデメリットを紹介します。

私が購入した時、「商品が多すぎて何が違うか分からない」、「何が違うから値段が違うのか比較したい」と思った経験があります。「パッと見て違いが分かる表」にまとめました。

1 DXRACERについて

DX RACERはe-Sportsプレイヤーを支えるゲーミングチェアのブランドです。国内の主要なe-Sports大会で使用されており、最近ではYouTubeなどのゲーム実況者、配信者が使用しているのゲームやデスクワークに特化した椅子を販売しています。国内のトッププロゲーミングチーム(Rush Gaming、DetonatioN Gaming、Detonator、SCARZ、SHINOBISM)のスポンサーを務めている企業です。

DXRACERは2001年にミシガン州(アメリカ)で設立されたゲーミングチェアのパイオニアブランドです。日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどさまざまな国で愛用されているブランドです。

2 ラインナップ一覧

DX RACERは他のブランドと違い、種類が豊富です。ラインアップをまとめました。リクライニングは全モデル共通で、150°(背もたれ135°+座面ロッキング(ゆりかご機能)15°)です。商品の主な違いは座面・背面の素材、アームレストの性能です。

“価格”はDX RACERの公式オンラインストアに記載されている値段です。
シリーズ 名称 価格 身長(推奨) 座面・背面生地 アームレスト
Formula Series DXR ¥29,800 155~175cm スタンダードファブリック 1Dアーム
(上下昇降)
レッド、ブラック
DXZ/DX-57 ¥39,800 155~175cm PUソフトレザー 1Dアーム
(上下昇降)
レッドオレンジ
ダークブルー
イエローピンク
グリーンホワイト
ライトブルー
カーボンブラック
DX-11 ¥39,800 155~175cm ハイグレードファブリック
&
PUソフトレザー
3Dアーム
(上下、前後、
左右首振り)
レッド、ブラック、
ダークブルー
ライトブルーホワイト
グリーンオレンジ
グレーピンク
イエロー
Drifting Series DX-03 ¥49,800 記載なし PUソフトレザー 3Dアーム
(上下、前後、
左右首振り)
ブラック、レッド
DH-73 ¥47,800 PUソフトレザー 1Dアーム
(上下昇降)
ブラック、ブラウン
レッドホワイト
DX-61 ¥45,800 PUソフトレザー 1Dアーム
(上下昇降)
バイオレットレッド
ライトブルーオレンジ
Racing Series RV-131 ¥49,800 PUレザー 4Dアーム
(上下、前後、
左右首振り、
前後スライド、
左右スライド)
バイオレットレッド
オレンジライトブルー
RW0 ¥45,800 PUレザー 3Dアーム
(上下、前後、
左右首振り)
ホワイトレッド
RW-106 ¥39,800 PVCハードレザー、
PUソフトレザー
+PCVハードレザー
3Dアーム
(上下、前後、
左右首振り)
ブラック、グリーン
レッドホワイト
Valkyrie Series VB ¥49,800 170~175cm 座面:パーフォレイテッド(ピンホール)レザー
背もたれ:PUソフトレザー/カーボン調PVCハードレザー
3Dアーム
(上下、前後、
左右首振り)
イエローホワイト
レッドライトブルー
King Series DXK ¥59,800 175~190cm PUソフトレザー
+PVC製生地
4Dアーム
(上下、前後、
左右首振り、
前後スライド、
左右スライド)
グリーン、ブラック、
ブルーレッドホワイト
Classic Series CA ¥69,800 170~185cm PVCハードレザー・
PUソフトレザー
(合成皮革)
4Dアーム
(上下、前後、
左右首振り、
前後スライド、
左右スライド)
レッド、ブラック、
ブラウン
Queen Series DXJ ¥24,800 150~165cm ファブリック アームレストなし レッド、ブラック

素材について

ゲーミングチェアのシートの素材は大きく2つに分かれています。「レザー素材」と「ファブリック素材」です。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

レザー素材

主に「PUソフトレザー」の「PVCハードレザー」が使用されています。ウェットティッシュなどで拭くだけで掃除をすることができ、「メンテナンスが簡単」です。また、革製なので見た目に高級感があります。夏場に暑いと感じ、「蒸れやすい」というデメリットがあります。

ファブリック素材

布製のメッシュ素材です。通気性が良いため夏場の暑い時期にも快適に使用できます。布製のため、何度も座ることで毛玉ができる可能性があります。飲み物をこぼした時に「シミができてしまう」というデメリットがあります。

Formula Series

DX RACERの中では定番のシリーズです。スタンダードのサイズ・形状です。e-Sports大会で採用されているのはFormula Seriesの商品です。

DXR

DX RACERの中でファブリック素材(布製)の製品はDXRとDX-11QueenSeriesのDXJのみです。「値段を抑えたい!」という人に向いている商品です。

DXZ/DX-57

カラーバリエーションが豊富(9色)なレザー素材の商品です。私も使用しており、レザー素材の中では最も低価格です(3 実際に使用した感想)。

DX-11

カラーバリエーションが豊富(10色)なファブリック素材(布製)とPUソフトレザーのハイブリッドモデルです。通気性が良く、高級感のあるものが欲しい人におすすめです。

Drifting Series

フォーミュラシリーズよりもワイドなモデルです。背もたれがスタンダードモデルよりも低く、座面幅が広いです。ゆったりとした座り心地が特徴です。オフィスチェアとしておすすめのシリーズです。

DX-03

DXRacer (ディーエックスレーサー) 【正規品】 ゲーミングチェア オフィスチェア ドリフティングシリーズ Drifting ワイドモデル リクライニング ソフトレザー アルミベース DX-03BK ブラック
created by Rinker

DH-73

凹凸のついた格子の質感に高級感があるデザインです。全体的に硬めの質感です。

ドリフティングシリーズ 【DXRACER DH-73RD(レッド)】
created by Rinker

DX-61

他の種類よりも鮮やかな色デザインが特徴です。

Racing Series

背もたれがスタンダードモデルよりも高いです。背が高い人におすすめのシリーズです。

RV-131

4Dアームレストが搭載されているモデルの中では最安値のモデルです。

RW0

3Dアームレストが搭載されているモデルです。

RW-106

Racing Seriesの中では最も低価格の商品です。3種類のレザー素材が使用されています。

Valkyrie Series

座面と背もたれの素材が分けられているシリーズです。3Dアームレストが搭載されており、ヴァルキリーシリーズのオリジナルデザインです。背もたれキャスターのベースのデザインが特徴的です。

King Series

大型モデルのシリーズです。4Dアームレストが搭載されています。

Classic Series

オフィス&ワーキングチェアとして開発されたシリーズです。フットレスト付きのモデルです。

デラックスレーサーチェア DXRACER 4Dアームレスト・フットレスト付 CA-120FT RD レッド クラシックシリーズ
created by Rinker

Queen Series

サイズが最もコンパクトで女性におすすめのモデルです。DXRと同様にファブリック素材(布製)です。価格が最も低い商品です。「アームレスト(肘置き)、ランバーサポート、ヘッドレストが付属していない」というデメリットもあります。

3 実際に使用した感想

私はFormula SeriesのDXZ約1年間使用しています。主にブログを書く時、ゲームをする時に使用しており、1日あたり約12時間座っています。

腰痛、肩こりが緩和された

私は椅子に座っている時に猫背になることが多いです。そのため、腰痛、肩こりになることが多く、月に2回ほどマッサージに行っていました。ゲーミングチェアを購入してからも、マッサージに行くことはありますが、1~2カ月に1回程度に減りました。マッサージに行くと1回約3,000~4,000円程度かかります。マッサージに行く回数が半分以下になったため、毎月3,000~4,000円程度の節約につながったと感じています。

ランバーサポートがすごく良いです。腰に当てるランバーサポートのおかげで、腰を痛めることがほとんどなくなりました。肩こりは「姿勢を正して座っていれば」なりにくいと思います。腰痛、肩こりは緩和されましたが、首こりは解消されませんでした。ランバーサポートは硬めですが、付けた状態で座っていると腰を支えてくれます。ランバーサポートの取り外しは可能ですが、付けた状態で使用することをおすすめします。

人によるかもしれませんが、座っているときは座面・ランバーサポート・ヘッドレストで体を支えています。背もたれに体が当たることはほどんどありませんでした。ランバーサポートの厚みは約7cmです。

商品がすごく大きい

ゲーミングチェアは大きいです。家電量販店などで試座できますが、自宅に持ち込むとかなり大きいと感じました。DXZはゲーミングチェアの中では一般的な大きさですが、高さが最大130cmです。私の場合は周囲の机などの高さが70~80cmの家具が多く、ゲーミングチェアが赤・黒のデザインのためかなり目立っています。

アームレストについて

私が使用しているDXZは「1Dアーム(上下昇降)」のモデルです。アームレストの中では1番下のモデルですが、不便なところはありません。パソコン作業やゲームをする時に、アームレストがあると腕が疲れにくいと感じました。

上位モデルの「3Dアーム(上下、前後、左右首振り)」の機能はあった方が良いとは思いますが、「1Dアーム」でも十分快適です。

クッション製について

購入時、座面のクッションの耐久性が1番気になる点でした。結果は、1年では座面が全くつぶれませんでした。私自身、身長が175cm・体重75kg程度ですが、座面のクッション性は1年間で変化がありませんでした

ゲーミングチェアを下から見ると、「ウェービングベルト」というベルトで支えられています。クッションの下にパイプなどの硬いパーツがないため、つぶれたとしても「硬いものに座る」という状態にならない構造です。オフィスチェアなどは長期間使用すると座面がつぶれる、クッションが変形することで腰痛になることがあります。DX RACERの製品を使用したところ、数年間に渡って安心して使用できると感じました。

興味があれば是非、チェックしてみてください。

4 公式ストアで購入するのもアリ!?

Amazon、楽天などで購入できますが、公式ストアでは限定モデル(Rush Gamingとのコラボモデルなど)が販売されていることがあります。値段に差はないので、使い慣れたネット通販でも公式ストアでも良いと思います。

2 ラインナップ一覧に戻る