MacBook Air2018を使ってみて

WindowsからMacに乗り換えました。

以前はWindows7を使用しており購入してから7,8年立ち、起動や動作が遅いことをきっかけにパソコンを買い換えました。スマートフォンはiPhoneを使用してるので、同じMac製品のノートパソコンを購入しました。ノートパソコンの購入にあたり、以下のようにmacのノートpcを比較して検討しました。

Macのノートpc 比較表

商品名 MacBook Air2018 MacBook Air MacBook MacBook Pro2018
価格 134,800円(税別)
(156,800円(税別))
98,800円(税別) 14,200円(税別) 142,800円(税別)
ストレージ 128GB
(256GB)
128GB 256GB 128GB
メモリ 8GB 8GB 8GB 8GB
ディスプレイ 13.3インチ
Retinaディスプレイ
13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ
Retinaディスプレイ
TouchID × ×
(Touch Bar)
バッテリー 最大12時間のワイヤレス
インターネット閲覧
最大12時間のワイヤレス
インターネット閲覧
最大10時間のワイヤレス
インターネット閲覧
最大10時間のワイヤレス
インターネット閲覧
高さ 0.41~1.56cm 0.3~1.7cm 0.35~1.31cm 1.49cm
30.41cm 32.5cm 28.05cm 30.41cm
奥行き 21.24cm 22.7cm 19.65cm 21.24cm
重量 1.25kg 1.35kg 0.92kg 1.37kg
USB-Type Thunderbolt3(USB-C) USB3.0 Tthunderbolt3(USB-C) Thunderbolt3(USB-C)
USBポート 2つ 2つ 1つ 2つ
Thunderbolt2ポート × 1つ × ×
SDXCカードスロット × 1つ × ×
製造年 2018 2017 2017 2018
 

4種類を比較して、結局どれがおすすめ?

4種類の中で優れている項目を赤く表示しました。この中で私が重視した項目はUSBポートバッテリーの持続時間です。USBポートは主にパソコン本体の充電、ハードディスクやUSBメモリ、ワイヤレスマウスの接続に使用します。充電しつつ、他の機器と接続するためにUSBポート2つ以上欲しいだと考えました。USBハブを使用すれば充電しつつ他の機器と接続することは可能ですが、ハブが故障したら買い換えるまでの間に不便だと思い、USBポートは重視しました。バッテリーの持続時間の差は2時間です。一日あたりの差は少ないですが、年月を重ねるごとに2時間ずつ差がつくこと、バッテリーの劣化を考慮し長く使用できることを重視しました。そのため、10時間と12時間の二択から12時間使用できるものを選択しました。以上の点からMacBook Air2018とMacBook Air(2017年製)に絞りました。

MacBook Air2018とMacBook Air(2017年製)の差額は36,000円あります。2つの差はUSBタイプと製造年、SDXCカードスロットの有無です。この中で注目したのが製造年です。Macが新しいパソコンを販売するにあたり毎年改良されていくと考え、製造年が新しいほどより良い製品になっていると思い新しい2018年製のMacBook Air2018を選択しました。パソコンの用途がインターネットメールであり、Macの製品を試したいという方にはMacBook Air2018は満足できる商品だと思います。以上から私はMacBook Air2018を購入しました。(2019年5月)

私は約1ヶ月使用(2019年6月時点)しています。主にネットサーフィンとブログ製作に使用していますが、現状ではWi-Fi環境でもサクサク動き満足しています。MacBook Air2018にUSBハブ、ワイヤレスマウスを接続しています。Windowsと操作方法が違うことを知らず、購入当初の数日は不便でしたが、操作方法に慣れてしまえば非常に便利です。アプリをApp Storeから気軽にダウンロードでき、WordやExcelなどのソフトが無料アプリで代用できるので便利だと感じています。また、iPhoneとインターネットのブックマーク(SafariやGoogle Chlomeなど)や履歴を共有できるので大きな画面でネットサーフィンできるので便利です(外出時にiPhoneで見ていたサイトを自宅で見るときなど)。共有できるものは主に電話帳、写真、メモ、Safariのブックマークや履歴など、スケジュールアプリの内容などでした(使用しているアプリによって共有できるかどうかは変わります)。iPhoneユーザーならMacのパソコンはおすすめで、使用することで便利になることは多々あると思います。しかし、Androidのスマートフォンを使用している人にはMacのパソコンを使用するメリットがあまり無いと感じました。新しいパソコンは毎年発売され、性能も良いものが発売されます。MacのパソコンはiPhoneユーザーがノートパソコンを購入する際、あくまでも選択肢の一つです。それぞれに優れているポイントがあります。使用用途に合わせて性能・価格を比較し、使いこなせる範囲で便利なパソコンを選ぶことが重要だと思います。(使いこなせないのに高いパソコンを購入してもお金の無駄遣いになる。(例:動画編集やパソコンでオンラインゲームなどをしないのにMacBook Proを購入するなど)予算があるなら使いこなせるレベルのパソコンを購入し、追加で外付けのハブやハードディスク、マウスなどの機器を買った方が便利になると思います。インターネットで”ノートパソコン 動画編集”など用途を検索すれば、実際に購入した人が不自由なく使えた、カクカクして使いづらいなどのレビューを参考にすると良いです)。

以上、Macのノートパソコンを購入するにあたり参考にしていただけると幸いです。