【レビュー】ALLONE PS5用USBハブ~フロントのUSBポートを増設~

ALLONE(アローン)から発売されたUSBハブのレビュー記事です。PS5向けに販売されているUSBハブです。実際に使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。

ALLONE USBハブの特徴

  • フロントのUSB(Type-A)ポートを増設できる(1つ→5つ)
  • Type-Cポートの数は変わらない
  • PS5用に作られたデザイン

ALLONE 6ポート USBハブを開封

USBハブの外箱です。箱のサイズは8.5cm×14.0cm×4.0cm程度です。PS5のコントローラー(DualSense)よりも小さいです。

背面には説明が記載されています。

中身はプラスチックの型に固定されています。取扱説明書などの書類はなく、本体(USBハブ)のみが入っています。

Type-Aのポートが5つ、Type-Cのポートが1つあります。

Type-AのポートはUSB2.0ポートが4つ、充電専用USBポート(雷のマークが付いた部分)が1つです。

PS5の電源がオンの時は、Type-Cの上部のライトが青く点灯します。

背面にはPS5と同様にUSBのType-A、Type-Cの端子が取り付けられています。

実際にALLONEのUSBハブを使用してみて

PS5本体に取り付けた様子

取り付け前のPS5です。

ALLONEのUSBハブを取り付けた様子です。PS5の本体に馴染むデザインで、ぴったりと納まっています。

USBハブの表面はツヤ消しのマット加工が施されています。「指紋が付きにくい」というメリットがあります。PS5の黒い部分はツヤのあるプラスチック素材のため、見た目について「違和感がある」と感じる人がいるかもしれません

本体からは1.5cm外側に突出しています。

使用して感じたメリット・デメリット

PS5本体のインターフェースは以下の通りです。

PS5本体のインターフェース一覧

前面

  • USB Type-A×1
  • USB Type-C×1

背面

  • USB Type-A×2
  • LANポート×1
  • HDMIポート×1
  • 電源ポート×1

メリット

ALLONEのUSBハブを使用することで前面のUSB Type-Aのポートを5つに増やすことができます。本体と一体化するため、USBハブ自体のケーブルが省略できる点がメリットだと感じました。Type-Cのポートも干渉することがなく、問題なく使用できました(ワイヤレスヘッドセットのUSBドングルを接続)。

気になる点

「使い道が少ない」という点です。入出力端子には用途が定められています。

PS5の入出力端子の用途

  • 前面のType-A端子(Hi-Speed USB):DualSenseを接続
  • 背面のType-A端子(Super-Speed USB 10Gbps):外付けのUSBストレージ

USBポートが増えるため、PS5でゲームをしながらスマホなどを充電できます。また、キーボードやマウス、アンプなどを接続できるポートとして便利だと感じました。コントローラーやスマホを充電する際、PS5の電源をオフにすると充電できません。充電する場合、レストモード(スタンバイモード)にする必要があります。

気になる点はありますが、「PS5専用のデザイン」という点が魅力的だと感じました。興味があれば、チェックしてみてください。

「デザインなどは気にしない!」「使えれば何でもよい!」という人にはエレコムのUSBハブが低価格のため、おすすめです。「前面・背面の両方に使える」というメリットがあります。