【レビュー】Astro A40 TR~人気のヘッドセットがリニューアル~【2021年モデル】

Astro Gamingのゲーミングヘッドセット「A40TR-002r」のレビュー記事です。今回レビューするモデルは2021年モデル(2021年1月発売)です。

A40TRの特徴

  • 開放型のヘッドセット
  • 少し重めのヘッドセット(374g)
  • 低音が強く、足音が聞き取りやすい
  • マイクの位置を左右に付け替えれる
  • Mod kit(別売)で密閉型に変更可能

低音が強く、迫力のあるサウンドです。実際にPS5で使用した感想や、メリット・デメリットをまとめました。

A40TRを開封

A40TRの外箱です。「対応プラットフォーム:PLAYSTATION」と記載されています。PlayStation向けですが、PCで使用することもできます。ケーブルは3.5mm4極プラグ、PCスプリッターが付属しています。

背面には簡単な説明が記載されています。

側面の様子です。

内箱はキャラクターが描かれた艶のある箱です。デザインはMixAmpと同じです。

箱を開くと中身が見えます。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

製品名 A40TR
型番 A40TR-002
Amazon価格 ¥14,900
ヘッドセット 369g
インラインミュートケーブル 2.0m
パソコンスプリッター 1.5m
保証書などの書類 日本語対応

書類は日本語に対応しています。

説明は図で記載されています。ヘッドセットに3.5mmのケーブルを接続して使用します。PCなどの環境によって、PCスプリッターを接続して使用します。

ヘッドセットについて

A40TRはケーブルの着脱が可能です。

イヤーパッドはマグネットで固定されています。ドライバーには傾斜があり、耳が押し付けられにくい形状です。

イヤーパッドの厚さは約1.5cmです。他の製品では2.0cm以上の厚みがある商品もあるため、A40TRのイヤーパッドは「やや薄め」です。

ヘッドパッドはツメで固定されており、着脱可能です。

ヘッドパッドの厚みは約1.2cmです。

マイクは着脱可能です。

スピーカータグはマグネットで固定されています。スピーカータグの内側には左右ともにマイクの差込口があります。マイクの位置を変更できますマイクの位置が変更できるヘッドセットは珍しいです。

マイクの位置を変更した状態です。アンプやPCなどの位置によっては便利な機能です。

イヤーカップは90°に回転します。首にヘッドセットを掛けて休憩する時などに便利です。

重量を測定しました。ヘッドホンのみの状態で357gです。

マイクを取り付けた状態では370gです。

マイクなしでケーブルを取り付けた状態です。重量は361gです。

マイク・ケーブルを取り付けた状態です。重量は374gです。重量が軽いヘッドセットではありません。

スピーカータグ、イヤークッション、ヘッドバンドは別売りのMod kitで付け替えられます。Mod kitを使用することで、密閉型のヘッドセットに変更できます。

ケーブルについて

ケーブルは2本です。

  • インラインミュートケーブル
  • パソコンスプリッター

インラインミュートケーブルの長さは、2.0mです。端子は3.5mm4極プラグです。

マイクミュートは、リモコンをスライドすることで切り替えます。

パソコンスプリッターの長さは1.5mです。

マイクについて

マイクの長さは約18cmです。イヤーカップの外側に取り付けるため、やや長めです。

自由に折り曲がるため、口元に近づけることができます。

単一指向性のマイクです。

スペック・素材について

スペックについて

A40TRのスペックを表にまとめました。

発売日 2021/01/21
接続方法 有線
ヘッドフォン
ドライバー 40mm径ダイナミックサウンドドライバー
タイプ 開放型
周波数応答 20~20,000Hz
インピーダンス 48Ω
マイク
マイク指向性パターン 単一指向性
サイズ 6.0mm

素材について

イヤーパッド 布製
ヘッドパッド
スライダー(サイズ調整部分) アルミ
スピーカータグ プラスチック

各素材の位置を画像にまとめました。

実際に使用した感想

着け心地について

A40TRは約370gの重量がありますが、着けていて「重さによる疲れ」はあまり感じませんでした。側圧は普通~やや弱めくらいです。イヤーパッドが潰れるようなことも起こりませんでした。

イヤーパッドやヘッドパッドは布製です。フリースのような素材です。肌触りがよく、程よい弾力があります。着け心地の良いヘッドセットだと感じました。製品自体は「開放型」ですが、使用してみると「密閉型」のような没入感がありました。

気になる点

「布製」のため、気になる点があります。夏場に汗をかいた時に、イヤーパッドやヘッドパッドが湿気を帯びる可能性があります。また、長期間使用することで「毛羽立ち」や「ホコリが付きやすくなる」心配があります。

また、使い始めてから1~2日の間にドライバーの後ろが顎に当たるような感覚がありました。その後は当たるような感覚はなくなりました。開封直後は、人によって気になる場合があるかもしれません

音楽を聴いた場合

A40TRをPCに3.5mm4極プラグを接続して、音楽を視聴しました。アンプを使用していない状態でも低音が強めのため、迫力のあるサウンドだと感じました。「低音が強め」のヘッドセットですが、低音が響くような感覚はありませんでした

男性ボーカルの場合は楽曲の雰囲気を変えずに視聴できました。しかし、音程の高いボーカルの場合、曲の雰囲気が変わってしまいました。例えば、「Ado」や「Lisa」、「King Gnu」など高音でハリのある声」のアーティストの場合、「声のハリ」が薄れるように感じました

音楽の視聴には使えますが、アーティストや楽曲によると感じました。雰囲気が変わる・ボーカルの声が聞き取りにくくなる場合がありました。

PS5でAPEX Legendsをプレイした感想

A40TRをAstroのMixAmpに接続してプレイしました。

第一印象は「低音がとても強い」と感じました。ゲーミングヘッドセットの中でも、トップクラスの低音の強さだと感じました。音の聞こえ方は「RazerのKrakenに似ている」と感じました。Krakenよりは少しだけ低音が弱いですが、ゲーミングヘッドセットの中では低音が強い部類です。低音が強いことにより、「音が響くこと」は気になる点です。

低音が強いため、近距離の足音銃声の方向が聞き分けやすいと感じました。バトロワやFPSで活躍できるヘッドセットです。重量はありますが、3~4時間であれば疲労感はありませんでした。「ゲーム用のヘッドセットを探している!」という人におすすめです。興味があればチェックしてみてください。

「アンプを持っていない!」という人はセットで購入するとお得です。同じメーカーで揃えることができ、相性も良いです。ぜひチェックしてみてください。

PS5やPS4 Slimでアンプを使用する場合、HDMIアダプターが必要です。