【レビュー】Astro C40 TR コントローラーをPS4Slimで使用した感想

Astro C40 TR コントローラーが2019年11月28日に発売されました。MixAmpで有名なAsrto Gamingからコントローラーが発売されました。C40はソニー公式ライセンスのコントローラーです。実際に使用してみて、カスタマイズ性が高く、使いやすいと感じました。

C40は「並行輸入品」・「国内正規品」の2種類が販売されていますが、2年間メーカー保証がついた「国内正規品」がおすすめです。この記事では「国内正規品」をレビューします。

1 C40を開封

箱は2重になっています。左下に「Official Licensed Product」と記載されており、「PS4のライセンスを取得している」ことを示します。

背面には簡単な説明が記載されています。

内側の箱にはコントローラーが描かれています。

箱を開けるとキャリングケースに中身が入っています。

2 内容物一覧

名称 大きさ
製品本体(C40) 160×115×70mm(314g)
交換用スティック
2.4GHz USB ワイヤレストランスミッター 38mm
C40 TRツール(6角レンチ) 90mm
Micro-USBケーブル 3m
キャリングケース 200×125×85mm
保証書、取扱説明書

6角ドライバーはアナログスティックと十字キーの配置を入れ替える際に使用します。スティックは分解しなくても交換可能です。

キャリングケースには下の画像のように収納されています。

キャリングケースから中身を取り出した様子です。

サイズはDUALSHOCK 4より大きい!

C40の大きさはPS4のDUALSHOCK 4と比較しました。全体的にC40の方が大きいですが持ち手部分に厚みがあるので手にフィットして持ちやすいと感じました。

DUALSHOCK 4の重さは215gなので約1.5倍の重さです。私の場合は、机の上・太ももの上に手首を載せてプレイするので重さは気になりませんでした

スティックの種類について

アナログスティックは4種類(出荷時に装備されているものを含めて合計6本)付属しています。購入時には左の2つが付けられています。

表面の形状は2種類(PS4のスティックのように表面が凹んでいるもの、PS3のスティックの表面が膨らんでいるもの)あります。それぞれ高さは2段階あり、高さのあるスティックは1つずつ、短いスティックは2つずつ付属しています。

高さのあるスティックは短いスティックの約1.5倍の長さです。FPSなどではエイムする時に長いステックの方が扱いやすいです。右スティックに高さのあるスティックを使用すると良いと思います。
スティックの表面のサイズはDUALSHOCK 4と同じなので、フリークやエイムリングをつけることができます。

C40の特徴

正面

ボタン配置はPS4のDUALSHOCK 4と同じです。OPTIONSボタン、SHAREボタンは文字で記載されていませんが、DUALSHOCK 4と同じように使用できます。持ち手の部分はDUALSHOCK 4よりも幅が広く、滑りにくい素材です。

背面

背面には2つのリアボタン(背面パドル)、R2/L2のボタンストップ、プログラムボタン、リセットボタンがあります。
ボタンストップを切り替えると、R2、L2を押し込む量を減らすことができます。

持ち手部分はゴム素材で滑りにくく、持ちやすいです。硬めのゴム素材なので、長期間使用してもボロボロと削れる心配はないと思います。

手前

手前には3.5mmのイヤホンジャックがあります。ヘッドセットやイヤホンを差し込むことができます。

DUALSHOCK 4と同様にL1、L2、R1、R2ボタンとmicro-USBポートがあります。赤いスイッチは、有線・無線の切り替え、プロファイルの切り替える際に使用します。コントローラーに保存できるプロファイルは2つです。

キャリングケースについて

コントローラーを持ち運ぶ際にC40の内容物が全て入る大きさです。

素材がハードタイプなので、衝撃や上の荷物を載せた際にコントローラーに負担がかかるのを防ぎます。

スペアのスティックや六角レンチ、ケーブルなどを全て収納できます。

3 ボタン配置の変更

六角レンチで4カ所のボルトを取り外すとフロントパネルが取り外すことができます。アナログスティックと十字キーの配置を入れ替えることができます。

フェースプレートを外すと下の画像のようになっています。十字キーは左スティックと入れ替えることができます(左右のスティックを交換することもできます)。

ボタン配置を変更したら、フェースプレートを取り付けます(六角レンチでボルトを固定します。軽く回す程度でネジ穴が潰れないように注意)。


背面のリセットボタンをシャープペンなどの細いもので押したら終了です(リセットボタンを押さなければ、誤作動の原因になる可能性があります)。

PS4配置X BOX配置に設置した様子です。

4 PS4に接続

C40は出荷時の状態でPS4に接続しても問題なく使用できます。接続方法は有線、無線の2通りです。

有線接続

PS4本体の電源を入れる>C40コントローラーのモードスイッチを有線に切り替える。

Micro-USBケーブルでコントローラーとPS4を接続>C40コントローラーのPSボタンを押す。

以上で有線の接続が完了です。

無線接続

PS4本体の電源を入れる>C40コントローラーのモードスイッチを無線に切り替える。

付属のUSBワイヤレス トランスミッタをPS4のUSB端子に接続>C40コントローラーのPSボタンを押す。
以上で無線の接続が完了です。無線接続で12時間以上連続プレイが可能です。

5 背面ボタン(リアボタン)の設定

背面ボタンの設定はコントローラーのみで設定できます。専用ソフトを使用しなくても背面ボタンを設定できることはC40 TRのメリットです。
設定の手順を紹介します。

背面のプログラムボタンを長押し(約5秒)。LEDインジゲーターが2回白く点滅し、コントローラーが1回振動します。

リマッピングしたいリアボタン(背面ボタン)を押すと、LEDインジゲーターが1回白く点滅します。
選択したリアボタンに割り付けたいボタンを押すとコントローラーが振動し、リマッピングが完了です。

【例】左の背面ボタン(UL)にL2ボタンを割り付ける

  1. プログラムボタンを長押し
  2. 左の背面ボタン(UL)を押す
  3. L2ボタンを押す

左の背面ボタン(UL)を押すと、L2ボタンを押した時と同じ動きをする。

6 PCのソフト(C40 TR CONFIGURATION SOFTWARE)で設定

専用ソフトではコントローラーの詳細な設定ができます。設定をしなくてもゲームに使用できます。私の場合は、一通り内容をチェックしましたが「設定する必要がない」と思い、デフォルトの設定で使用しています。
▼次の項目へ移動

ソフトをインストール

C40 TR CONFIGURATION SOFTWAREにあるDOWNLOAD FOR◯◯をクリックするとダウンロードが始まります。windowsの場合はPC、Macの場合はMACを選択します。ソフトを起動すると下の画像のような画面に切り替わります。

C40 TRとPCを接続

C40コントローラーとPCをUSBケーブルで接続し、モードスイッチを有線に切り替えます

接続が完了すると、下のような画面が表示されます。

設定したいプロファイルをコントローラーのプロファイルスイッチで切り替えます

「プロファイルを表示」をクリックするとマッピング、スティック、トリガ、オーディオ、効果の設定ができます。

マッピング

ボタンの入れ替えを行います。変更できるボタンは、十字キー、◯、△、□、×、R1、R2、R3、L1、L2、L3、背面ボタン(UL、UR)です。PS4でもボタンの割り当てを変更できますが、「ゲームごとにボタンの割り当てを変えたい!」という人は設定した方が良いと思います。

スティック

左右のスティックの感度を調整します。設定しなければ、DUALSHOCK 4と同じように使用できます。感度は5段階で調整できます。
FPSなどでは右スティックの感度(振り向きの速度)をゲーム内で調整できますが、C40コントローラーは移動する時に使用する左スティックの感度も調整できます。
左スティックの感度を調整できるメリットがあります。例えば、フォートナイトやCall of Duty Black Ops4のブラックアウトのようにサバイバルゲームの時は移動する時間が多いです。移動時間が多いゲームをする時に左スティックの感度を上げることで、スティックを少し倒すだけでダッシュするように設定ができます。

トリガ

L2、R2ボタンの感度を設定します。L2、R2ボタンはコントローラーの背面にあるボタンストップで押し込む量を小さくできるので、PCで設定する必要はあまりないと思います。

オーディオ

オーディオ出力のイコライザ、マイク、スピーカーの音量の設定ができます。

効果

左右の振動のオン/オフや強度の設定、タッチパッド下のLEDの輝度を設定できます。

7 実際に使用した感想(Call of Duty Modern Warfareをプレイ)

スティックの配置について

PS4配置、X BOX配置(十字キーと左のアナログスティックを入れ替えた配置)を試しましたが、私の場合はPS4配置の方が使いやすいと感じました。L3を使用することが多く、X BOX配置に慣れていないため、L3を押しにくい(スティックが離れると力を入れにくい)と感じました。

例えば、naconシリーズやSCUFのVABTAGEシリーズはX BOX配置なので合わない可能性があると感じました。「ずっとPS4やPS3のコントローラーを使用しているけど、X BOXの配置を試したい!」という人におすすめです。「スティックの配置が使いにくいから使うのをやめる」という状態になる可能性が低いです。

リアボタン(背面ボタン)について

私の場合は、FPSでコントローラーを使用する際に「右スティックから指を離したくない。でも、モンハン持ちが苦手。」という理由から重宝しています。
Call of Duty Modern Warfareをプレイする時に使用しています。私の場合、コントローラーの設定は「バンパパージャンパータクティカル」でL1/L2・R1/R2を反転させた設定を使用しています。ジャンプ撃ちができる設定ですが、近接攻撃やリロード、武器交換は◯、□、△ボタンに割り振られているため、ボタンを押すときに右スティックから親指を離す必要があります。

C40は背面ボタンが2つなので◯、△、□、×などのボタンを2つ割り振ることができます。背面ボタンに割り振れないボタンは従来通り押す必要がありますが、スティックから指を離す時間をかなり減らすことができます(私の場合は、背面の左側に「リロード」、右側に「近接攻撃」を割り振って使用しています)。

「デフォルト」の設定を使用していても、背面に「ジャンプ」を割り振ると「ジャンプ撃ち」ができるようになります

ボタンの押し心地について

C40を購入前はPS4純正のDUALSHOCK 4を使用していました。DUAL SHOCK 4と比較した時の硬さをまとめました。

  • スティック、L3、R3ボタン、タッチパッド:DUALSHOCK 4と同じくらいの硬さ
  • L2、R2:DUALSHOCK 4より少し柔らかい
  • 十字キー、L1、L2ボタン、◯・△・□・×:DUALSHOCK 4より若干硬い

◯ボタンなどは少し硬いですが、押しにくいということはありませんでした。コントローラー自体が大きめなので手が大きめの人・男性に向いている商品だと思います(手が小さいとL2、R2ボタンが押しにくいかもしれません)。

初めてPS4用のプロコンを購入する方、X BOX配置を試したいけどPS4配置でも使用できるコントローラーを探している方におすすめです。
並行輸入品国内正規品が販売されていますが、国内正規品は2年間のメーカー保証がつくのでおすすめです。
興味があればチェックしてみてください。