【レビュー】EPOS H3~軽くて夏場でも使えそうなヘッドセット~

EPOSのゲーミングヘッドセット「H3」のレビュー記事です。「EPOS」はゼンハイザーのゲーミング部門が独立した新会社です。以前のゼンハイザーのゲーミングヘッドセットなど、音響デバイスを販売しています。

H3の特徴

  • ゲーミングヘッドセットの中では軽い(270g)
  • スエード調(耳に触れる部分)のイヤーパッド
  • マイクを跳ね上げてミュートにする
  • 低音がやや強め
  • 音がクリア

EPOSに変わってから初のゲーミングヘッドセット(2021年4月20日発売)です。実際に使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。

H3を開封

EPOS H3の外箱です。

背面には英語の記載があります。

側面には内容物や互換性などの記載があります。

対応するプラットフォーム

  • Windows
  • PS4/PS5
  • Switch
  • Xbox One/Xbox Series X
  • Mac

箱を開けた状態です。ヘッドセットが見える状態です。手前の黒い箱には、ケーブル類や書類が入っています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

製品名 H3
Amazon価格 ¥15,800
製造番号 1000889
ヘッドセット 270g
PCケーブル 2.0m
Consoleケーブル 1.5m
取扱説明書 日本語対応

クイックスタートガイドなどの書類は日本語に対応しています。

ヘッドセットについて

ヘッドセットの重量を測定しました。重量は273gです。

ケーブルを含めた重量は293gです。

イヤーカップは上下に回転し、角度を調整できます。

サイズ調整のスライダーです。左右でそれぞれ11段階で調整できます。

左側のイヤーカップです。マイクとケーブルの差込口があります。

イヤーカップの下部にはケーブルの差込口があります。付属のケーブルを差し込みます。

付属のケーブルを差し込む時に、少し力が必要です。端子が折れないように注意して、目盛り(凹んでいる部分)が隠れるまで押し込んでください差し込みが甘いと、音質がとても悪くなります

マイクは下げるとスイッチがオン、マイクを跳ね上げるとミュートの状態です。

マイクはノイズキャンセリング機能を備えています。集音パターンは双方向性です。

マイクは曲げることができ、口元までマイクを近づけられます。

マイクの長さは約15cmです。折り曲げた状態で固定できるため、口に近い位置で使用できます。

右側のイヤーカップには音量調整のダイヤルがあります。

表面に凹凸があり、指を押し付けて操作します。

イヤーパッドは側面がPUレザー製、耳の周囲に触れる部分はスエード調、内側は布製のメッシュ素材です。解剖学的に耳の構造を研究して作成されたデザインです。

イヤーパッドの厚さは約2cmです。

イヤーパッドは着脱可能です。ドライバーには傾斜があるため、耳が押しつぶされにくいです。

ヘッドパッドはPUレザー製です。GSP301などと同様に、中央はクッションが少ないです。

ヘッドパッドの厚さは約1cmです。モチモチと弾力がある素材です。ヘッドセット自体が軽いため、ヘッドパッドはつぶれにくいです。

ケーブルについて

ケーブルは2種類付属しています。

ヘッドセットに差し込むプラグは同じです。

Consoleケーブルの端子は3.5mm4極プラグです。アンプやPS4・PS5などのコントローラーに接続する時に使用します。ケーブルの長さは1.5mです。

PCケーブルの端子はマイク、ヘッドホンの端子が分岐しています。ケーブルの長さは2.0mです。

スペック・素材について

スペックについて

発売日 2021/04/20
接続方法 有線
ヘッドフォン
密閉型/開放型 密閉型
周波数応答 10-30,000Hz
インピーダンス 20Ω
音圧レベル 124dB SPL@1kHz,1V RMS
マイク
集音パターン 双方向性
周波数応答 10-18,000Hz
感度 -47dBV/PA

素材について

イヤーパッド側面 PUレザー
イヤーパッド表面 スエード調
イヤーパッド内側 布製メッシュ素材
ヘッドパッド PUレザー
イヤーカップ プラスチック
スライダー(サイズ調整) ステンレス

各パーツの素材の位置を画像にまとめました。

実際に使用した感想

EPOS H3を使用した感想をまとめました。

音質について

やや低音が強く、クリアな音質だと感じました。EPOS、ゼンハイザーらしいクリアな音質です。高音・中音・低音がバランスよく、クリアに聞こえます。低音の強さがちょうど良く、ゲーム以外でも幅広い用途で使えるヘッドセットだと感じました。

低音の響きや高音の刺さりがなく、万人受けしそうな音質です。他のゲーミングヘッドセットと比べると低音は弱めだと感じました。「クリアな音質」を求める人に向いていると感じました。「低音の力強さ」「低音の迫力」を求める人には物足りないと感じるかもしれません。

着け心地・操作性について

側圧について

側圧は普通くらいだと感じました。以前はGSP301を使用していましたが、GSP301よりは側圧が弱いと感じました。約6時間程度(音楽の視聴やゲームなど)使用しましたが、耳の周りの痛みはありませんでした。しかし、あごの付け根が圧迫されるような感覚はありました。

2~3時間程度の使用であれば、痛みなどは特にありませんでした。数時間ごとに休憩を取る場合、側圧はあまり気にならないと思います。

3種類の素材で作られたイヤーパッド

H3は密閉型のヘッドセットです。イヤーパッドは3種類の素材で形成されています。耳の周囲に触れる部分はスエード調・イヤーパッドの内側はメッシュ素材です。気温が30度程度の日でも、エアコンが効いていれば、汗をかくことはありませんでした

密閉型でPUレザーのイヤーパッドは夏場に蒸れることが多いです。H3のイヤーパッドは、夏場でも蒸れにくいと感じました。「ゲームをするときはヘッドセットを使いたいが、夏場は蒸れて辛い!」という人におすすめです。

気になる点

H3の操作性・性能で気になる点が2つあります。

音量調整のダイヤルについて

指を突起に押し付けて回転させるダイヤルです。動かした後にしっかりと固定されますが、GSP301のように親指、人差し指の2本の指でツマミを回すようなタイプの方が使いやすいと感じました。

双方向性のマイクについて

ゲーミングヘッドセットは単一指向性のマイクが多いです。H3のマイクは双方向性のため、口元と手元の音を拾います。青軸のキーボードの打鍵音やマウスのクリック音、コントローラーのL2・R2を弾く音をしっかりと拾います。音質の良いマイクですが、自分の声以外の操作音を拾います。

VCをよく使う人の中でキーボードを力強く操作する人、コントローラーの操作音が大きい人には向かないかもしれません。

音楽を聞いた場合

PCに接続してSpotifyで音楽を視聴しました。低音は若干強い程度で、「音質の良いヘッドホン」という印象です。曲の雰囲気を変えることはなく、音楽用のヘッドホンとして使用できました。「ゲーミングっぽさ」が感じられませんでした。

「ゲーミングヘッドセット」のズンズンという低音の重みが少ないため、音楽や映像など幅広く使用できると感じました。「ゲーム以外でも同じヘッドセットを使用したい!」という人におすすめです。

PS5でゲームをプレイした場合-APEX Legendsをプレイ-

PS5でAstro MixAmpに接続してAPEX Legendsをプレイしました。

アンプに接続したため、低音が強化されました。低音が強化されたため、足音や銃声が聞き取りやすいです。EPOS H3は他のヘッドセットと違い、足音が乾いたような音だと感じました。

今までのヘッドセットでは、足音が「ザッザッ」という音のものが多いです。しかし、EPOS H3で聞き取る足音は「タンッタンッ」という軽い音です。音の聞こえ方は少し違いますが、違和感はありませんでした。定位感が高く、バトロワやFPSで使えるヘッドセットだと感じました。

クリアな音質でヘッドセットを使いたい人軽いヘッドセットが好きな人におすすめです。興味があれば、チェックしてみてください。