【レビュー】final E2000~クセが少ないフラットに近い音質~

finalのイヤホン「E2000」のレビュー記事です。今までに「E500」「E1000」の2種類を使用しましたが、finalのイヤホンは「音質がクリアという印象がありました。「E2000」は「E1000」の上位モデルです。上位モデルですが、グレードアップよりも「別物」だと感じました

E2000の特徴

  • フラットな音質で中音がよく聞こえる
  • クセがなく、万人受けする印象
  • アルミ切削高剛性筐体
  • イヤーフックが付属
  • クリアなサウンド

実際に使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。また、「聴き比べで感じたE1000との違い」をまとめました。

E2000を開封

E2000」の外箱です。

背面にはスペックや同梱品の説明が記載されています。

final独自の技術「イヤーピース スウィングフィット機構」の説明が記載されています。

独自のイヤーピーススウィングフィット機構

イヤーピースを左右に振ることができる、スウィングフィット機構により、耳道の傾きにジャストフィット。イヤーピースの開口部が耳道にあたる事による変形を防ぎます。音がダイレクトに鼓膜に伝わり、クリアな音を実現しています。

出典:final Inc.final(ファイナル)|E2000

中身はプラスチックの型に梱包されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物一覧

  • イヤホン(E2000)
  • イヤーピース(SS/S/L/LL)
  • イヤーフック
  • ポーチ
  • 保証書

保証書には、QRコードが記載されています。

QRコードを読み取ると、final公式ホームページ「“DOWNLOAD”ページ」に移動します。「Eシリーズ」の「E2000」をクリックすると取扱説明書(日本語対応)を確認できます。

イヤホンについて

開封時はビニールの袋で覆われています。

イヤホンの全体図です。

筐体にはアルミが使用されています。また、筐体の背面はステンレスメッシュです。

  • アルミ切削高剛性筐体:シンプルな形・質感があり、音質とも整合のとれたデザイン
  • 筐体背面ステンレスメッシュ:低音域の再生帯域を延ばす役割

楽曲通りの音質に近づけ、低音域の周波数特性(○○Hz~○○Hz)を広げる役割があるようです。アルミ切削高剛性筐体・筐体背面ステンレスメッシュの説明は、final公式サイトに記載されています。

アルミ切削高剛性筐体

アルミ削り出し、アルマイト仕上げの筐体は、樹脂製の筐体に比べ、ドライバーユニットを強固に支持し、不要な振動を抑えます。大人が持つ普段使いの道具として、シンプルな形と質感を持ち、定番と言える音質とも整合の取れたデザインとなっています。

筐体背面ステンレスメッシュ

筐体背面に小さな開口部があり、低音域の再生帯域を延ばす役割を持っています。開口部からの音漏れを防ぐため、内側にはフィルターがあり、さらにステンレス製メッシュを外側に設けた二重構造となっています。

出典:final Inc.|final(ファイナル)|E2000

イヤーピースの裏側です。右側(R)はピンク、左側(L)はグレーです。筐体の下部にはL、Rの記載があります。

イヤーピースを外した状態です。耳垢ガードがあります。

交換用のイヤーピースです。右耳用は赤・ピンク、左耳用は濃いグレー・薄いグレーです。濃いグレーピンク薄いグレーがペアです。

端子は3.5mm3極プラグです。

ケーブルはY型です。

E500E1000は3.5mm3極プラグのケーブルが束になっていましたが、E2000は1本の太いケーブルにまとめられています

重量を測定しました。約12gです。E500E1000は15gのため、やや軽いことが分かります。

イヤーフックについて

左右のイヤーフックが付属しています。

横から見ると、溝があります。溝にケーブルを差し込み、固定します。

イヤーフックにケーブルを取り付けた様子です。ケーブルは、イヤーフックから2cm程度余裕があると使いやすいです。

イヤーピースを取り付けた後にフックを取り付けて使用します。

ポーチについて

イヤホンを持ち歩く際に使えるポーチが付属しています。レザーのようなデザインですが、内側は布製、外側はビニールのような素材です。イヤホン「E2000」を持ち歩く際に便利です。

スペックについて

final E2000のスペックを表にまとめました。

発売日 2017/05/18
Amazon価格 ¥3,455
接続方法 有線接続
ドライバー 6.4mmφダイナミック型
筐体 アルミニウム ブラックアルマイト仕上
(MATT BLACK)
アルミニウム シルバーアルマイト仕上
(MATT SILVER)
インピーダンス 16Ω
感度 102dB/mW
重量 12g
ケーブル OFCケーブル
ケーブル長 1.2m
型番 FI-E2DAL  (MATT BLACK)
FI-E2DALS(MATT SILVER)

実際に使用した感想

音楽を聞いてみた感想-E1000と聞き比べ-

final E2000をPCに接続して、Spotifyで音楽を視聴しました。E2000はフラットに近い音質だと感じました。低音・中音・高音に分類すると、中音がやや強く感じました中音>低音>高音の順に強い印象ですが、「高音・低音が同じくらい」の強さという印象です。

アニソン、洋楽など幅広く使える印象です。原曲のイメージを変えることなく視聴できるイヤホンだと感じました。高音の刺さるような感覚や低音が主張しすぎることはありませんでした

E1000は高音が強く、楽曲の種類やジャンルによっては高音が刺さるように感じることがありました。E2000は高音の刺さりがなく、E1000よりも幅広く使いやすいイヤホンだと感じました。E1000は「約2,000円」という価格が魅力的ですが、約1,500円の差でE2000は購入できます。

個人的には「E1000から順番に…」というよりは、「最初からE2000を買うと失敗するリスクが少ないからおすすめ」だと感じました。

ゲームで使用してみた感想-PS5でAPEX Legendsをプレイ-

final E2000をASTROのMixAmpに接続して、PS5で使用しました。

E2000はゲームでも使用できますが、ゲームに特化したイヤホンではありません。足音や銃声の方向が分かり、FPSやバトロワなどゲームで使用することはできました。しかし、ボディーシールドが割れる時などの高音がシャリシャリしているように感じました。また、ゲーミングイヤホン、ゲーミングヘッドセットのように「低音の強さ」がないため、「ゲーム用に買いたい!」という人には向かないと感じました。

「finalのイヤホンでゲームをしたい!」という場合は「E500」がおすすめです。

気になる点

音質について

E2000は中音がやや強く、低音・中音・高音のバランスが良いイヤホンです。しかし、フラットに近い音質のため、印象的な特徴がないと感じました。

低音の「ズンズン」とした「重みのある音」、「迫力のあるサウンド」を求める人には向いていません。「聞き取りやすいクリアな音質」ですが、最初からE2000を選ぶと他の製品(E1000など)との大きな違いが実感できず、感動が少ないだろうと感じました。

イヤーフックについて

イヤーフックは使用しなくても、イヤホンとして使用できます。付属のイヤーフックは簡単に着脱でき、歩行時などのケーブルタッチノイズ(ケーブルが洋服などに触れた時に鳴る音)を減少する効果があります。また、メガネのように耳に引っ掛けるため、耳に掛かる負担が軽減されます。

メリットのあるイヤーフックですが、シリコンのような柔らかい素材が採用されています。多くの人にフィットしやすい形状です。しかし、芯が無くやわらかいため、取り付ける際に「扱いにくい」と感じました。着けた後は外れることもなく、問題はありませんでした。扱いに慣れるまでは、気になる人がいるかもしれません。

気になる点はありますが、万人におすすめできるイヤホンだと感じました。クセが少なく、「買って失敗した」ということは起こりにくいと感じました。興味があれば、チェックしてみてください。