【レビュー】final VR3000 for Gaming ゲーミングイヤホン~軽くて定位感が高い~

finalから2020年11月27日に発売された、ゲーミングイヤホン「VR3000」のレビュー記事です。finalのイヤホンは「音がクリア」という特徴があり、愛用しているブランドの1つです。

主にPS5でFPS・バトロワで使用した感想、メリット・デメリットをまとめました。

VR3000の特徴

  • マイク・リモコン(音量調整・マイクミュート)を搭載
  • 固定できるイヤーフック
  • スタイリッシュなデザイン
  • 中~高音よりの音質
  • クリアなサウンド

VR3000 for Gamingを開封

VR3000の外箱です。白と淡いグレーのシンプルなデザインです。カラーバリエーションは1色(マットブラック)のみです。

背面には、内容物やスペックなどが記載されています。

説明の部分を拡大した画像です。

音の「方向感」、「音響空間イメージ」という言葉が記載されています。音の定位感が重要となるゲームや、再現性が重視されるVRのためのイヤホンです。「音の方向の再現性」を重視して作られた商品だと分かります。

中身はプラスチックの型に梱包されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物一覧

  • イヤホン(VR3000 for Gaming)
  • イヤーピース(SS/S/L/LL)
  • イヤーフック
  • ポーチ
  • 保証書

保証書にはQRコードが記載されています。

「DOWNLOAD」のQRコードを読み込むと、finalのホームページのDOWNLOADに移動します。「JP」、「VR3000 for Gaming」を選択すると取扱説明書を確認できます。

イヤホンについて

イヤホンの重量は19gでした。イヤホンの中では一般的な重量です。

ゲームに向いているイヤホンと重量

イヤホンのため、ヘッドセットのような重量による疲れ・側圧の心配がありません

イヤホンはカナル型です。イヤホンはデザインが丸に近いものが多いです。VR3000は直線で構成された、シャープなデザインです。同ブランド(final)のAシリーズと同じようなデザインです。

内側にはL、Rの記載があります。

端子は3.5mmの4極プラグです。

右耳用のイヤホンのケーブルには、コントローラーがあります。音量調整、音楽の一時停止・再生の機能があります。実際にiPhoneXsで使用したところ、問題なく使用できました。

リモコンの裏側にはマイクがあります。

iPhoneの機種によっては、Lightnig端子から3.5mm端子に変換する変換アダプターが必要です。変換アダプターは、充電しながら使用できるものが便利です。

イヤーフックについて

VR3000にはイヤーフックが付属しています。finalの他の製品にもイヤーフックは付属していますが、VR3000のイヤーフックはコードがズレにくいです。ロック機構付きのため、毎回同じ位置・装着感で使用できます。

イヤーフックを取り付けた状態です。イヤーフックを使用することで、タッチノイズを軽減できます。

finalではType Bに分類される形状です。装着方法は、final公式の動画が参考になります。

ポーチについて

ポーチは布製です。finalのロゴが添付されています。

スペックについて

VR3000のスペックをまとめました。

発売日 2020/11/27
Amazon価格 ¥7,980
接続方法 有線接続
ドライバー ダイナミック型
筐体 ABS樹脂
インピーダンス 18Ω
感度 101dB/mw
重量 20g
ケーブル OFCケーブル
ケーブル長 1.2m
型番 FI-VR3DRPMB

実際に使用した感想

音質について

音質はクリアです。中~高音が聞き取りやすいと感じました。ゲーミングイヤホン・ゲーム向けのイヤホンとして販売されている商品は、低音が強いものが多いです。

VR3000は低音が強いものが苦手!」という人でも快適に使用できると感じました。しかし、低音があまり強くないため、「低音が強いものでも問題なく使用できる!」という人には物足りなさを感じるかもしれません

着け心地について

VR3000は、シャープスタイリッシュなデザインです。重量が軽く、長時間使用しても疲れにくいと感じました。しかし、最初の数日間は角が当たって痛いと感じることがありました

1週間程度使用したところ、痛みを感じることは少なくなりました。私はイヤホンのメリットを「誰でも快適に、同じように使用できる」ことだと考えています。デザインとしては「かっこいい」と思いますが、着け心地に痛みのリスクがあることが気になりました。

音楽を聞いた場合

VR3000をPCに接続し、Spotifyで音楽を視聴しました。中~高音の音が聞き取りやすく、楽曲の雰囲気を変えることなく視聴できました。クリアな音質のため、快適に使用できると感じました。

低音は弱めです。ズッシリとした音が好きな人、低音が強いものが好きな人には物足りないかもしれません。音楽向けに「低音がある程度強いものが良い!」という人にはE2000が向いていると思います。

E500との違いについて

VR3000はE500と同様に立体音響に特化しています。2つの違いはデザイン、機能、イヤーフックのタイプです。価格は約2,000円(VR3000の1/4程度)です。安っぽさはありますが、性能に4倍の差があるとは感じられませんでした。「finalのイヤホンを使ったことがない」という方は、E500を試すことをおすすめします

クリアな音とは、どんな音なのか?」「finalのイヤホンで聞く音は好みに合うのか?」など、確認できます。2,000円のイヤホンでも十分使える!」という人もいると思います。同価格帯では、とても優秀で、FPSでも使えるコスパの良いイヤホンです。是非、チェックしてみてください。

PS5でゲームをプレイした場合-APEX Legendsをプレイ-

final VR3000をAstro MixAmpに接続して、PS5で使用しました。

定位感が高く、FPSやバトロワで使用できるイヤホンだと感じました。敵の位置方向距離感が分かりやすいと感じました。低音が弱めのため、足音は「タンッ!タンっ!」と軽い音です。ゲーミングヘッドセットに慣れている人は、使い始めの時に違和感を感じるかもしれません。

リモコンはPS5では使用できませんでした。私の場合はアンプで音量調整をしていますが、PS5本体で音量調整できます。「finalのゲーミングイヤホンが欲しい!」「音がクリアなゲーミングイヤホンが良い!」という人におすすめです。興味があれば、チェックしてみてください。