【レビュー】FnaticGear Streak65 US~静かな打鍵音となめらかな押し心地~

この記事は、FnaticGearのゲーミングキーボード「STREAK65 US」のレビュー記事です。

FnaticGearはドイツのeスポーツブランドです。世界各地でさまざまなプロeスポーツチームを持つ「Fnatic社」によって設立されたゲーミングデバイスメーカーです。VALOLANTCS:GORainbow SIX:SIEGEなどのプロチーム、ストリーマーをサポートしている企業です。

STREAK65 USの特徴

  • キーボードのみでRGBライトの調整が可能
  • 独自のキースイッチ(静音)を採用
  • 65%のコンパクトなサイズ
  • 鮮やかなRGBライト
  • 専用ソフトが付属 
  • US配列

日本国内における独占販売代理店の株式会社アスク様から商品を提供していただきました。

メンブレンキーボードの打ち心地を滑らかにし、パンタグラフ程度の打鍵音に抑えたキーボード」という印象です。「キースイッチの押し心地が優れている」と感じました。実際に使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。

STREAK65 USを開封

STREAK65 USの外箱です。黒とオレンジを基調としたデザインです。

背面には「65%コンパクトメカニカル」など、英語で仕様が記載されています。 

箱の側面です。Fnatix社がサポートしているプロチームの記録が記載されています。

箱の下部には、スペック・US配列などが記載されています。

開封すると、キーボード本体が見える状態です。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

製品名 STREAK65 US
Amazon価格 ¥17,576
型番 KB0005-001
キーボード本体 410g
USB-Cケーブル 2.2m
取扱説明書 日本語非対応

取扱説明書は日本語に対応していません。説明は英語で記載されていますが、図示されているため分かりやすいです。

キーボードについて

サイズについて

STREAK65 USのサイズは幅:317.5mm、奥行:108.5mm、高さ:22mmです。

一般的なフルキーボードよりも幅が約15cm小さく、テンキーレスサイズよりも幅が約5cm小さいです。幅が小さいことで、ゲームをする際にマウスを動かせる範囲が広くなります。また、コンパクトなので机の上でも場所を取りません。自由に位置や角度が調整できます。

背面の様子です。4カ所の滑り止めが設けられています。

背面のツマミを立ち上げることで高さを変更できます。

ツマミを立ち上げた様子です。スタンドはシリコンのような滑りにくい素材です。また、机に対して面で捉えるため、「がたつき防止」の効果があります。

キーボードの奥側の高さは約30mm、手前は約27mmです。

スタンドを立ち上げた様子です。奥側の高さ速く35mm、手前は約27mmです。奥側の高さのみを変更できます。

重量は「キーボードのみ」の状態で401gです。キーボードの中では「とても軽い」ため、持ち運び可能な重量です。「キーボードは重い方が安定する」と考えていましたが、背面の滑り止めがあるため本体はズレにくいです。

RGBについて

STRIKE65 USにはRGBが搭載されています。色の自由度が高く、1680万色に対応しています。専用ソフトを使用しなくても、キーボードのみで色の設定ができます(Windows10ではPC本体の電源が入っていない時のみ使用できました)。

  • 明るさの調整:「FN」+「<」「>」
  • 光り方(パターン)の変更:「FN」+「M」

発色が良く、明るい場所でもキーが見やすいと感じました。

奥側には「FNATIC」のロゴがあります。プレートは着脱可能ですが、現在は交換するプレートが販売されていないため、「ロゴが光る」という認識で良いと思います。

ケーブルについて

ケーブルの長さは2.2mです。

 

端子はType-A・Type-Cです。STRIKE65の本体にType-C端子を接続します。Type-Cのため、上下の向きを選ばずに接続できます。

キーボードの左上にケーブルを接続するため、中央に接続するキーボードよりも机の上がすっきりとして見える印象です。

専用ソフト(Fnatic OP)について

専用ソフト(Fnatic OP)はFNATICの公式サイトからダウンロードできます。

プロファイルの設定

「プロファイル」は「保存先」のようなものです。「Profile1」~「Profile4」まで合計4つから選択できます。LGB、キーバインドの設定を保存できます。

RGBの設定

RGBの設定画面です。ライトのパターン、色の設定ができます。

キーバインドの設定

キーバインドの設定をします。任意のキーに「マクロ」・「アプリの起動」・「ファイルを開く」・「リンクを開く」の4つから「機能の割り付け」ができます。

スペックについて

STREAK 65 USのスペックを表にまとめました。

商品名 STREAK65 US
発売日 2021/01/22
接続方法 有線(USB接続)
キー配列 68キー US配列
キースイッチ FNATIC SPEED(ロープロファイル)
レポートレート 1,000Hz
オンボードメモリー 8MB
カラー ブラック

FNATIC SPEED キースイッチについて

Fnaticオリジナルのキースイッチ「Fnatic Speed(ロープロファイル)」が採用されています。

Fnatic Speedの特徴

  • 1.0mmのアクチュエーションポイント
  • スムーズで静かな打鍵感

1.0mmのアクチュエーションポイントによって高速な応答性を実現しています。使用した感覚としては、「指を載せる程度では反応せず、キーを押そうとすると反応する」という印象です。誤操作の心配は少ないと感じました。アクチュエーションポイントが短いため、キーを押し込む前に反応します。

打鍵感に関しては、他のゲーミングキーボードとは別物だと感じました。キースイッチは2段階(押し始めは硬く、そのあとにスコン!と押し切る)になっているものが多いです。Fnatic Speedは「キーの押し始め~押し切るまでの硬さが同じ」だと感じました。とても滑らかな押し心地です。

ゲーミングキーボードは「カチカチ」「カタカタ」という操作する印象でしたが、「STREAK 65 US」は「パタパタ」「スコスコ」と操作する印象です。メンブレンのような立体的なキーボードですが、macbookのパンタグラフのような静かな操作音です。

実際に使用した感想

65%というサイズについて

多少の慣れは必要ですが、60%キーボードより使いやすいと感じました。キーボードのサイズは一般的に4種類あります。

キーボードのサイズ

  • フルキーボード
  • テンキーレス
  • 65%キーボード
  • 60%キーボード

キーボードはサイズが小さいほどゲームに特化・サイズが大きいほど普段使い向け(文字入力・表計算などの作業)です。

マウス・キーボードでゲームをする際は、キーボードのサイズが小さいほどマウスの動かせる範囲が広くなります。マウスを自由に動かせることで、「キーボードにぶつける操作ミス」「操作のしやすさ」が優れています。

65%キーボードはテンキー、Fキー、「Page Up」「Page Down」「Delete」などのキーが省略されています。そのため、「FN」+「対応したキー」で省略されたキーの機能を使います。

60%キーボードは65%キーボードで省略されたキーに加えて、「方向キー」などが省略されています。

私の場合、3つの用途でPCを使用します(ブログなどの文字入力・家計簿などの表計算・ゲーム)。日本語・数字を入力することが多く、別でテンキーを用意しています。

基本的にはキーボードを使用し、数字を入力する時にテンキーを使用しています。仕事や普段使いの場合はキーが不足しているため、不便な場合があると感じました。また、文字入力の「ローマ字・半角英数」を切り替える際には「FN」+「Esc」で操作します。テンキーレスやフルキーボードは「e/j」キーだけで操作できていたため、面倒に感じることがあります。

打鍵感について

個人的には「押しやすいキースイッチ」だと感じました。滑らかにキーを押すことができ、応答性が高いため「軽い力で操作できる」と感じました。長時間操作しても疲れにくいキースイッチです。音は多少なりますが、「うるさい」と感じる人は少ないと思います。音が静かなため、ゲームのボイスチャット・会社の会議などでの操作音を抑えたい!」という人に向いていると感じました。

個人的には「滑らかなスイッチ」はメリットだと感じていますが、青軸のような「クリック感」を重視する人には物足りないかもしれません

ゲームをプレイした感想-PCでValorantをプレイ-

STREAK65 USを使用してValorantをプレイしました。イヤホンを使用してプレイしましたが、キースイッチの音が足音を邪魔することはありませんでした。私の場合、左手の操作に力が入る癖があります。キースイッチを軽い力で操作できるため、疲れにくいと感じました。

普段使いには慣れが必要ですが、ゲームに特化したキーボードです。また、魅力的なキースイッチを採用したキーボードだと感じました。興味があれば、チェックしてみてください。