【レビュー】HyperX Cloud Alphaヘッドセット〜新型と比較したメリット・デメリット〜

この記事はHyperXの「Cloud Alpha」のレビュー記事です。新型の「Cloud Alpha S」に興味があれば、関連記事をご覧ください。2種類の違いは3つあります。

Cloud AlphaとCloud Alpha Sの違い

  • ドライバの形状の違い
  • 低音調整スライダーの有無
  • ケーブルの着脱ができるか、できないか

Cloud Alphaは密閉型のヘッドセットです。ケーブル・マイクが着脱可能です。ケーブルにはリモコンが付いており、音量調整・マイクミュートの切替が可能です。

Cloud Alphaを開封

外箱は白と赤のHyperXのイメージ通りのデザインです。対応機種の幅が広いことが分かります。新型は「PC」と記載されていましたがPS4で使用可能です。

 

対応機種

  • PC
  • PS4
  • Xbox One
  • Mac
  • Mobile
  • Nintendo Switch&VR

開封すると中身が梱包されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

製品名 Cloud Alpha
製品番号 HX-HSCA-RD/AS
ヘッドセット 298g
ケーブル(3.5mm4極プラグ) 1.3m(着脱可・音量調整可・ミュート切替)
ケーブル(3.5mm4極×2プラグ) 2.0m
マイク 15cm
トラベルバッグ 有り
取扱説明書  日本語対応

ヘッドセットについて

実際に重量を測定しました。ヘッドホン部分の重量(マイク・ケーブルなし)では303gでした。

ケーブル・マイクを取り付けた状態では320gでした。重さは新型の「Cloud Alpha S」と同じくらいです。ゲーミングヘッドセットの中では一般的な重量です。

ケーブル・マイクは着脱可能です。

マイクには風防が取り付けられています。新型のCloud Alpha Sと同じ見た目のマイクです。

自由に折り曲げられるタイプです。

風防を外した状態です。

ドライバは平ら(傾斜なし)です。

イヤーパッドはPUレザー製です。厚さは2.5cmあり、モチモチとした低反発の素材です。

ヘッドパッドには十分な厚みがあります。HyperXのロゴが刻印されています。

スライダーはアルミ製です。サイズ調整は11段階です。大きさはCloud Alpha Sと同じです。

ケーブルについて

Cloud Alphaのケーブルは着脱可能です。ケーブルは2種類付属しています。

ケーブルは2種類

  • 3.5mm4極プラグ:PS4やNintendo Switchなどで使用
  • 3.5mm4極プラグ×2:PCなどで使用

3.5mm4極プラグの長さは1.3mです。端子の根元がグレーの方をヘッドセット側・何もついていない方はコントローラーやアンプに接続します。

ケーブルにはリモコンがついています。音量調節・マイクミュートの切替が可能です。

リモコンの背面にはHyperXのロゴが刻印されています。

PCで使用するプラグは2.0mです。こちらにはリモコンがついていません。

トラベルバッグについて

幅22.5cm、高さ27cmのバッグが付属しています。HyperXのロゴが入っており、ヘッドセットやケーブル類を持ち運ぶ際に使用できます。

スペック・素材について

Cloud Alphaのスペック・素材を表にまとめました。

スペックについて

発売日 2017/09/21
接続方法 有線
ドライバー ネオジム磁石、カスタムダイナミック50mm径
タイプ サーカムオーラル、密閉型
周波数応答 13Hz~27kHz
インピーダンス 65Ω
音圧レベル 98dBSPL/mW(1kHz時)
T.H.D 1%未満
方式 エレクトレットコンデンサーマイク
極性パターン ノイズキャンセリング
周波数応答 50Hz-18kHz
感度 -43dBV(0dB=1V/Pa、1kHz)

素材について

イヤーパッド PUレザー
ヘッドパッド
フレーム アルミニウム
イヤーカップ プラスチック

名称は下の画像を参考にしてください。

実際に使用した感想

2019年に発売された後継機の「Cloud Alpha S」と比較した感想を記載します。

着け心地について

側圧は普通くらいです。強過ぎず、弱過ぎない硬さだと感じました。購入時は「少し強めの側圧」だと感じました。メガネをつけた状態で長時間使用すると、メガネのフレームが頭部に押し付けられるように感じることがありました。イヤーパッドがつぶれることで、耳にドライバが当たることがありました。

プレイ時間によりますが、1~2日間使用していると側圧による痛みを感じなくなりました。フレームは新型のCloud Alpha Sと同じものです。設計上の側圧は同じですが、新型では側圧が弱く感じました。ドライバの形状・イヤーパッドのクッション性から新型のCloud Alpha Sの方が着け心地は良いと感じました。

音楽を聞いた場合(PCに接続)

ゲーミングヘッドセットのため、低音が強く出るように調整されています。ドラムやベースなどの楽器の低音が強く聞こえました曲によっては少しこもったように聞こえるため、「クリアさはない」と感じました。

ゲームをプレイした場合-PS4でCall of Duty Modern Warfareをプレイ-

AstroのMixAmpに接続して使用しました。

低音が強めに設定されているため、足音や銃声が聞き取りやすいと感じました。低音の強さを新型のCloud Alpha Sと比較すると、低音調整スライダーを1段階開けた時より少し弱めの印象です。

新型のCloud Alpha Sが発売されたことで、大きく値下がりしました。以前は1万円を切ることはありませんでしたが、現在(2020年3月時点)は約8,000円で販売されています。

Cloud Alphaのメリット・デメリット

Cloud Alphaを使用するメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 音量調整・マイクミュートが可能
  • ケーブル・マイクの着脱が可能:PCで使用する際に「変換ケーブル」が不要。

デメリット

  • 着け心地・音のクリアさはCloud Alpha Sに劣る

個人的には、PS4やNintendo Switchなどで使用する場合におすすめです。興味があれば、チェックしてみてください。