【レビュー】ロジクールG213ゲーミングキーボードをMacで使用した感想

ロジクールのG213ゲーミングキーボードは2017年10月20日に発売されました。ソフトをインストールすることで Macにも対応させることができ、右上には音楽のボリューム調整、再生・停止ボタンがあります。実際に使用してみて、約¥7,000でゲーミングキーボードが購入でき、しっかり設定をしたら『とても便利!』と感じた商品です。

この記事の内容

  • G213を購入すると何が入っているのか?
  • PCのソフトでの設定が必須?
  • macでも使用する際の設定方法
  • 実際に使用した感想

1 G213ゲーミングキーボードを開封!

箱の外装はこのようになっています。

実際に開封するとヘッドセットはこのように包装されています。

内容物一覧

内容物一覧として下表のようにまとめました。

製品名 G213 PRODIGY RGBゲーミングキーボード
商品番号 920-008100
発売日 2017/10/20
メーカー希望小売価格 ¥8,130
キーボード本体
取り扱い説明書、 保証書、保証規定

中身を取り出した様子が下図の通りです。

キーボード

メンブレン方式のJIS配列のキーボードです。

画像では伝わりにくいですが、暗い部屋で綺麗に発色します。

パームレストは約6cmありますが、机の角に手首、パームレストに掌をのせて使用すると快適に使用できています。

高さは背面のつまみで調整します。で奥側の高さを約2cm高く(高さを4.3cmにする)なります。

接続する端子はUSB2.0です。

2 スペックについて

名称 G213 PRODIGY RGBゲーミングキーボード
重量(ケーブル除く) 1,000g
218mm
452mm
高さ 23mm、33mm
耐水性 60mlの液体(水)でテスト済み
キーの方式 メンブレン方式(ラバードーム)
必要システム Windows10、Windows8、Windows7.1、Windows7

「60mlの液体にテスト済み」と記載していますが使用時は液体がかからないように注意してください。また、対応しているのはWindowsですがmacOS(10.14.5のMacBook Air2018)でも使用できました

3 PCのソフト(G-HUB)で設定

G-HUBをダウンロード

ソフトウェア(PC)で設定できることは色の設定キーの割り当てです。

ダウンロード手順

移動すると下のような画面が表示されるので左側にある「ダウンロード」を選択します。

下のような画面になったら右の「Download Now」を選択するとダウンロードが始まります。

G-HUBを起動し、キーボードが読み込まれたら下のような画面が表示されます。

G-HUBがG213にできることは大きく3つです。

・キーボードの設定
・他の人が設定したライトの設定をダウンロードして自分のデバイスに反映させる
・他の人が作成したプロファイルをダウンロードして自分のデバイスに反映させる

キーボードの設定

キーボードをクリックすると設定の画面に変わります。

LIGHTSYNC

色の設定をします。「プリセット」では効果は6種類(オフ、固定、サイクル、色の波、ブリージング、画面サンプラー)から選択が可能です。

固定、ブリージングは色の指定が可能1,680万色の中から選択が可能です。画面左の赤枠の部分を変更することで好きな色に設定可能です。色の選択はこちらのサイト(原色大辞典)を参考にするのがおすすめです。

「フリースタイル」では最大で5つのゾーンの色を選択が可能です。カラーブラシで色を選択→右側のキーボードで色を設定したい場所をクリックしてと色を設定します。

割り当て

コマンド、キー、アクション、システムを割り当てる機能です。「システム」ではアプリの起動をファンクションキーに割り当てることができ、非常に便利です。

ゲームモード

ゲームをするときにキーを無効にする機能です。フォートナイトなどのFPSで使用する際に移動キーは基本的に「W、A、S、D」です。そのため、周辺で使用しないキーがあれば押し間違えないように無効にするために使用します。ゲームをしない場合は使用しない機能です。

設定をダウンロードできるが実際は使わない機能

ライトの設定をダウンロード

下の画像のように赤枠内の矢印をクリックするとダウンロードが開始します。

ダウンロードしたらLIGHTSYNCで設定するとキーボードに反映されます(使用しているデバイスに対応していれば「LIGHTSYNC_フリースタイル_効果」で選択)。

プロファイルをダウンロード

ライトの設定と同様にダウンロードが可能です。設定したいゲームのタイトル(FORTNITE、CODなど)や商品名(G213など)を入力することでプロファイルを使用可能です。G213に対応し、キーまで設定されているものは少ないです。探していてもあまり見つからないので、ライトと同様に割り当てから設定する方が早いです。

4 MacのPCで使用する場合の設定方法

Karabiner-Elementsで設定

MacユーザーはKarabiner-Elementsというアプリをインストールするとcommacd⌘、controlなどの機能が使えるようになります。多ボタンマウスの設定などに使用するアプリです。下の画像のようにMacの機能をWindowsのキーボードに反映させます。

インストール手順はこちらの記事をご覧ください。

下のボタンでインストールするサイトに移動します。

インストールしたらKarabiner-Elementsを起動し、”Devices”タグの”Gaming Keyboard G213″にチェックをいれます。

“Simple modigications”タグを開き、”Target device:”を”Gaming Keyboard G213″に設定し、下の画像のように設定します(左下のAdd itemで行を下に増やして機能を設定します)。

以上でMacのキーボードをWindowsのキーボードに反映されます。

文字入力  
shift + control + J ひらがな(ローマ字入力)
shift + control + ; 半角英数字
shift + control + k 全角カタカナ
変換キー 半角英数字
カタカナ・ひらがな・ローマ字キー ひらがな(ローマ字入力)

キーボード左上の『半角/全角/漢字』キーについて

『半角/全角/漢字』キーはKarabiner-Elementsで設定後、Macのシステム環境設定で設定をします。

Karabiner-Elements側の設定

“Simple modifications”タグを開き、”Target device”を”Gaming Keyboard G213(Logitech)”に設定します。

“From key”を”grave_accent_and_tilde(`)“、”To key”を”f13″に設定します。

“grave_accent_and_tilde(`)”は『半角/全角/漢字』キーという意味で、『半角/全角/漢字』キーの機能をキーボードで使用しない(または存在しない)”f13″にする(『半角/全角/漢字』キーを押すと”f13″キーを押されたと判断される)設定です。

Macのシステム環境設定側の設定

システム環境設定_キーボードで”ショートカット”タグを開きます。”入力ソース”で”前の入力ソースを選択”を”F13″に設定します(変更したい場所をダブルクリック→『半角/全角/漢字』キーを押すと”F13″に変更できます)。

以上で『半角/全角/漢字』キーを使用できるようになりました。

Karabiner-Elementsを使用することのデメリット

キーボードにキーを割り振る、多ボタンマウスに機能を割り振るなど便利なKarabiner-Elementsですが、1つだけ面倒なことがあります。それは、「G-HUBと相性が悪い」ということ。G-HUBでライトの設定などをするときに、キーボードに反映されないことがあり、対策を解説します。

G-HUBで設定をする手順は下の枠内のとおりです。

  1. Karabiner-Elementsの設定からデバイスでキーボードのチェックをはずす
  2. G-HUBを起動し、設定する
  3. Karabiner-Elementsの設定でデバイスのキーボードにチェックを入れる

このような手順で作業することで「反映されていない!」というストレスを減らすことができます。

5 実際に使用した感想

キーはメンブレン方式なのでしっかりと押し込む必要があります。カタカタと音のなる一般的なキーボードという印象ですが、キーの一つ一つがしっかり作られていて押すときの引っ掛かりが無いです。パームレスト手首のサポート(手のひらを置いている)があるので手首が疲れにくいです。手が大きい人であれば、手のひらをほぼ固定してFキー(ファンクションキー)以外のキーを指先だけしか動かさずに入力できるので快適だと感じました。ゲームを目的としている人には機能面で多少物足りない人もいるかもしれませんが、JIS配列なので「シンプルなキーボード」という印象です。キーボードだけでYouTubeなどを操作できるサウンドの操作専用のキーがあり、作業している画面を切り替える必要がないため快適です。

今回紹介したLogicool G213は販売店によって価格が異なります。¥6,868〜¥6,927と幅があり、最安値は¥6,868です(2019年9月21日)。メーカー希望商売価格は¥8,130なので約¥1,300お得に購入できます。

興味がある方は是非チェックしてみてください!