【レビュー】Amazonベーシックの大型マウスパッドが使いやすい【拡張サイズ】

Amazonベーシックのマウスパッドのレビューです。Amazonベーシックのマウスパッドは4種類のサイズが販売されています(ミニ・標準・XXL・拡張サイズ)。4種類の中で最も大きい「拡張サイズ」を使用して良かった点・悪かった点を紹介します。

3つの特徴

  • お手頃な価格
  • シンプルな見た目
  • 広い範囲でマウスが使える

1 マウスパッド(拡張サイズ)を開封

amazonbasicsの箱に梱包されています。商品名は「超ロングゲーミングマウスパッド」のようです。

中身はマウスパッドのみです。袋に入っていました。

布製のマウスパッドです。右下に「amazon basics」のロゴがあります。

色は黒です。光に当たると中の繊維が光り、グレーっぽく見えます。

背面にはゴム製の滑り止めがあります。

キーボードやMacbook Airを置いた様子です。マウスが「マウスパッドからはみ出す」ことがなくなりました。

左の方(梱包時に内側になっている部分)に少し「巻きグセ」がありました。1~2日程度使用したところ、自然に平らになりました。左手でマウスを扱う人は、購入した直後にマウスパッドが波打っている印象を持つかもしれません。

マウスパッドの端が「切りっぱなし」の状態です。

長期間使用していると「ほつれ」「毛羽立ち」が起きる可能性があります。下の画像は1年間使用したRazerのGoloathus Mobileマウスパッド。

2 Amazonベーシックのマウスパッドを比較

Amazonベーシックのマウスパッドは4種類あります。サイズを表にまとめました。「拡張サイズ」は他の種類に比べて、0.5mm厚いことが分かります。差は1mm以下と小さいため、気にする必要はないと思います。

種類 大きさ(幅×奥行き) 厚さ 価格
ミニ 25cm×21cm 0.2cm ¥758
標準 32cm×27cm 0.2cm ¥1,088
XXL 45cm×40cm 0.2cm ¥1,088
拡張サイズ 91cm×42cm 0.25cm ¥1,508

3 実際に使用した感想

メリットは、マウスがマウスパッドから「はみ出さない」という点。マウスパッドが大きいため、「机の上がほとんどマウスパッド」の状態です。以前は、マウスパッドからマウスがはみ出すことがありました。机のマウスパッドの段差でガタつくことがありました。

マウスを上下左右に振った時に「引っかかり」はありません。また、「カーソルが不安定になる」という状態にはなりませんでした。

マウスパッドはデザインが派手な種類が多く、シンプルな点が気に入っています。キーボードやマウスなど「キラキラした物を目立たせる」効果があります。

デメリットは、ペンなどで文字を書きにくいという点です。布製でクッション製が高いため、プリントなどに文字を書くと紙が破れてしまいます。パソコンの周囲で文字を手書きすることが多い人は、XXL標準のサイズが良いと思います。

大型のマウスパッドは3,000円以上する商品が多いです。「1,500円で購入できる」という点はコスパが良いと思います。ゲームなど、広い範囲でマウスを動かす人におすすめです。興味があれば、チェックしてみてください。