【レビュー】ロジクールG PRO Xゲーミングキーボード【キースイッチ交換可能】

ロジクールの「PRO Xゲーミングキーボード」のレビュー記事です。「PRO ゲーミングキーボード(2017年3月30日発売)」の後継機です。Macにも対応しています。

PRO Xゲーミングキーボードの特徴

  • 軸(キースイッチ)を交換できる
  • ケーブルが着脱可能
  • テンキーレス
  • 日本語配列

この記事の内容

  • PRO Xキーボードの内容物
  • 専用ソフト「G HUB」について
  • Macで使用する場合の設定・必要なソフト
  • PRO Xゲーミングキーボードの使用感

PRO Xゲーミングキーボードを開封

箱の外装はこのようになっています。

箱の背面です。

箱の中に箱が入っています。

箱を開けるとキーボードが袋に入れられています。

内容物一覧

箱から中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

製品名 PRO Xゲーミングキーボード 
型番  G-PKB-002
キーボード本体 153×361×34mm
USBケーブル 183cm
キートップ 引き抜き工具
保証書、説明書、保証規定 日本語対応

表の内容以外に、ステッカーが付属していました。

キーボードについて

表面にマットな仕上げが施されており、かっこいいです。キーボード自体はテンキーレスです。一般的なキーボード(フルキーボード)に比べてコンパクトです。G213(フルキーボード)と比較してみました。

右上の「F9キー」〜「PAUSEキー」は音楽などの再生・停止・音量調整の機能があります。「FNキー」と同時に押すことで機能が使用できます。

 

キーキャップを取り外すと、クリッキーのスイッチが見えます。

キーボードの奥にはUSBの差込口があります。

USBをケーブルを接続した様子です。コードの着脱が可能ですが、PRO Xゲーミングキーボードは有線接続です。キーボードを掃除する時にコードが邪魔になりません。

背面には5箇所に滑り止めがついています。

角度調整はツマミを持ち上げると変更できます。4°と8°に変更できます。

角度を変更しても、キーボードが滑りにくいです。先端に滑り止めがついています。

高さは約2.5cmです。

4°の時は約3cm(5mm増加)です。

8°の時は約4cm(15mm増加)です。

ケーブルについて

ケーブルの長さは1.8mです。PCと接続する端子はUSB2.0です。

キーボードと接続する端子はmicro-USBです。

キートップ 引き抜き工具について

PRO Xキーボードには工具が付属しています。

横向きに差し込み、引き抜くとキートップが取り外せます。

縦向きに差し込むとキースイッチが取り外せます。

スペックについて

名称 PRO Xゲーミングキーボード
発売日 2019/11/14
重量 975g
接続方法 有線
クリッキー
レポートレート 1ms

実際に重量を測定すると、キーボードのみの重量は975gでした。十分な重さがあり、使用中にキーボードがずれる心配はありません。

キースイッチの種類について

PRO Xキーボードに取り付けられているスイッチは「クリッキー」です。青軸のように「カチカチ」と音が鳴り、クリック感があります。キーの種類は3種類あります。

  • GX BLUEクリッキースイッチ:青軸
  • GX BROWNタクタイルスイッチ:茶軸
  • GX REDリニアスイッチ:赤軸

3種類のキースイッチについて特徴をまとめました。GXシリーズはLogicool Gで独自に開発されたキースイッチです。

キースイッチの特徴

  • クリッキー:カチカチと音がなり、爽快感がある
  • タクタイル:クリック感はあるが、静音設計
  • リニア:クリック感がなく、静音設計

※最初から「タクタイル」や「リニア」がついているキーボードは販売されていません。変更したい場合、別で購入する必要があります。

種類 アクチュエーション
ポイント
押下圧 キーストローク
GXシリーズ
GX BLUE クリッキースイッチ 2.0mm 50g 3.7mm
GX BROWN タクタイルスイッチ 2.0mm 50g 3.7mm
GX RED リニアスイッチ 1.9mm 50g 4.0mm
Cherry MX
Cherry MX 青軸 2.2mm 60g 4.0mm
Cherry MX 茶軸 2.0mm 55g 4.0mm
Cherry MX 赤軸 2.0mm 45g 4.0mm

「アクチュエーションポイント」はキーを押し始めてから反応するまでの距離です。

PCのソフト「G-HUB」について

PCに接続して専用ソフト「Logicool G HUB」を起動しました。「PRO」として認識されています。

ダウンロード方法は関連記事に記載しています。

ソフトウェア(G-HUB)で設定できること

  • ライトの調整
  • キーやコマンドなどの割り当て
  • ゲームモードの設定

ライトの調整

イルミネーションの設定です。プリセット・フリースタイル・アニメーションから選択します。イルミネーションの色光のパターンを選択できます。

キーやコマンドなどの割り当て

割り当ての設定です。ファンクションキーに機能を割り当てます。操作方法は、コピーやペーストなどの機能をファンクションキーにドラックするだけです。

ゲームモードの調整

ゲームをプレイする時に使用する機能です。主にFPSなどで誤爆を防ぐために使用します。使用することが多い、WASDの周辺のキーを無効にするなどです。

Macで使用する場合について

PROゲーミングキーボードはMacのPCにも対応しています。Macの場合、「Karabiner Elements」というアプリがおすすめです。WindowsのキーボードをMac用にキーを割り振ることができます。詳細は関連記事をご覧ください。

実際に使用した感想

テンキーレスのキーボードは初めて使用しました。フルキーボード、60%キーボードを使用してきましたが、最終的にテンキーレスを購入しました。フルキーボードでは、「キーボード自体のサイズが大きすぎる」、60%キーボードでは「慣れるまで、方向キーが使いにくい(面倒)」などのデメリットがありました。用途によって向いている人が違うと感じました。

3種類のキーボードで向いている人

フルキーボード
EXCELやCADで数字を多く入力する人
ゲームをプレイせず、キーボードがマウスに当たる心配がない人
テンキーレス
キーボード・マウスでゲームをする人
ゲーム・文字入力の両方に使用する人
60%キーボード
ゲームだけに使用する人

テンキーレスは汎用性が高く、多くの人にとって使いやすいキーボードです。キースイッチを交換できるため、長期的に使用できます。

キースイッチを交換できるメリット

  • カスタマイズ性:青軸→赤軸、茶軸に変更できる
  • メンテナンス性:壊れたキー(使用頻度の高いキーなど)だけ交換できる→買い換えるよりも安い

興味があれば、チェックしてみてください。