【レビュー】Razer Krakenゲーミングヘッドセット〜他製品よりも低音が強い〜【Tournament Edition】

Razerのヘッドセット「Kraken Tournament Edition」のレビュー記事です。中身のヘッドセットは「Kraken」と同じです。「Kraken」は「Kraken Pro V2」の後継機です。

Kraken Pro V2(旧モデル)から変わった点

  • イヤーパッドの素材(PUレザー→PUレザー+布素材)
  • イヤーパッドに冷却ジェルが内臓されるようになった
  • マイクのデザインが変更
  • 足音・銃声などの定位感が向上

今回購入した「Tournament Edition」は、「THX USBオーディオコントローラー」が付属したタイプです。Razer製のヘッドセットは初めて使用しました。「低音が強く、着け心地がとても良い密閉型のヘッドセット」という印象です。

Kraken Tournament Editionを開封

外箱は黒と緑のデザインです。

背面には英語で説明が記載されています。

箱を開けると、このヘッドセットとUSBサウンドカードが見える状態です。

内容物一覧

箱から中身を取り出した状態です。

説明書は日本語に対応しています。Razerのステッカーが入っています。

中身を表にまとめました。

製品名 Kraken Tournament Edition
Amazon価格 ¥8,960
ヘッドセット 345g
ケーブル 1.3m
USBオーディオコントローラー 3.5cm×8.5cm×1.2cm
取り扱い説明書 日本語対応

ヘッドセットについて

重さを測定したところ、ヘッドセットのみ(マイクを含む)で346gです。300g以下のヘッドセットが販売されており、Krakenは軽量モデルではありません。

ヘッドセットとケーブルは着脱不可です。

マイクは左のイヤーカップに収納でき、長さは約12cmです。前後、上下左右に自由に折り曲げられるタイプです。

マイクは単一指向性で、線が1つ入っている方を手前に向けて使用します。

マイクの反対側はこのようになっています。

ドライバは後頭部側が深く掘られています。耳が当たりにくい形状です。

イヤーパッドの厚さは約2.5cmです。他のヘッドセットに比べて厚く、(他の製品はイヤーカップが2cmの製品がある)耳が痛くなりにくいです。「エルゴノミックデザイン」(耳に当たる部分は布製、周囲はPUレザー製)が採用されています。布製の部分はサラサラとした触り心地です。

イヤーパッドは耳に当たる側に冷却ジェルが注入されています。イヤーパッドには4つの機能が搭載されています。

1.冷却ジェルレイヤー
白熱したゲームセッション時の熱の蓄積を抑えます
2.奥に隠れたアイウェアチャンネル
適度な圧着により眼鏡をかけていても快適な使用感が得られます
3.形状記憶フォーム
ユーザーごとに異なる頭の形に快適にフィット
4.熱伝導ファブリック
急速な汗の蒸発により熱を伝導します

出典:Razer公式ホームページ

イヤーカップは上下に回転し、頭にフィットしやすくなっています。

ヘッドパッドは布製のメッシュ素材なので、蒸れにくいです。緑の部分はPUレザー製です。

ヘッドパッドの外側には「RAZER」と記載されています。

スライダーはアルミ素材です。サイズ調整は10段階です。

ケーブルについて

ケーブルはメッシュ素材です。ヘッドセットと同じ色に統一されており、長さは約1.4mです。先端はL字のプラグで、3.5mの4極プラグです。PS4やパソコン、AstroのMixAmpなどに直接つなげられます。

ケーブルにはリモコンがついています。音量の調整、マイクミュートのオン・オフの切り替えができます。

リモコンの背面には「RAZER」と記載されています。

THX USBオーディオコントローラーについて

PCに接続時に使用するUSBコントローラーです。PS4などのCS機では使用できません。PCで使用する時にサラウンド化するために使用します。RAZERのホームページで「RAZER SYNAPSE」をダウンロードすると、「THX SPATIAL AUDIO」という立体音響を利用できます。コントローラーでは、音量の調整・ゲーム音とマイクミュートができます。側面のダイヤルでは、ゲーム音とボイスチャットのバランス調整ができます。

反対側の側面には低音(BASS)を調整するダイヤルがついています。

PCにはUSBで接続します。端子部分が緑色のものは珍しいです。

スペック・素材について

スペックについて

発売日 Kraken Green:2019/03/29
Kraken Green+USBコントローラー:2018/11/23
接続方法 有線
ヘッドフォン 
密閉型/開放型 密閉型
ドライバー 50mm、ネオジム磁性体使用
周波数特性 12Hz~28kHz
インピーダンス 32Ω@1kHz
感度 109dB@1kHz
入力電力 30mW(最大)
マイク
周波数特性 10Hz~10kHz
S/N比 ≧60dB
感度(@1kHz) -45±3dB
集音パターン 単一指向性ECMブームマイク
インラインコントロール アナログボリュームコントロールホイール
マイクミュートクイック切り替え

素材について

イヤーパッド PUレザー+布
ヘッドパッド 布製(メッシュ素材)
ヘッドパッド上部 PUレザー
フレーム プラスチック
スライダー アルミニウム
イヤーカップ アルミニウム+プラスチック

場所によって素材が異なるため、下の画像にまとめました。

実際に使用した感想

着け心地について

Kraken Greenは軽いヘッドセットではありません(重量:345g)が、着け心地が良いヘッドセットだと感じました。

側圧はちょうど良いと感じました。イヤーパッドが厚いため、クッション性が高く、耳や耳の周りが痛くなりにくいです。首を左右に素早く振ると、ヘッドセットが少しずれます。「ガッチリとしたホールド感」はありません。ゲームをプレイする時は正面のモニターしか見ないため、「ゲーム中にヘッドセットがずれる」ということはありません。

マイクがイヤーカップに収納できる点が便利だと感じました。マイクが邪魔になったり、なくすことがありません。

イヤーパッドについて

私はメガネをかけてゲームをプレイするため、メガネをかけた状態でヘッドセットを使用しています。「メガネのフレームが頭部を圧迫しにくいデザイン」に関しては、「よく分からない」という印象です。頭にメガネのフレームが押しつけられることはありませんが、「デザインのおかげなのか?、イヤーパッドが厚いからなのか?」という点は疑問です。

「冷却ジェル」については、あまり効果がないと感じました。着けたばかりの時に「ひんやり」とした感覚があります。しばらく使用していると、冷たさはなくなりました。

音楽を聞いた場合(PCに接続)

音楽には向いていないと感じました。ゲーミングヘッドセットなので、低音が強いです。女性の高い声や小さな声、ハスキーボイスなどが「とても聞きとりにくい」と感じました。高音に関しては、こもっているように聞こえました。ゲーミングヘッドセットの中でも、「特に低音が強いという印象です。

ゲームをプレイした場合-PS4でAPEX Legendsをプレイ-

AstroのMixAmpに接続した状態で使用しました。

低音が強いため定位感が高く、足音の方向や銃声の方向が分かりやすいです。アンプを使用しているため、上下左右、斜めの方向の音が聞き分けやすいです。音に関しては、「他のゲーミングヘッドセットよりも低音が強い」と感じました

イヤーパッドが厚く、着け心地が良いヘッドセットです。USBオーディオコントローラー付きの場合は、2色(黒、グリーン)から選択できます。興味があれば、チェックしてみてください。

ヘッドセットのみの場合は、4色(黒、グリーン、白、ピンク)から選択できます。