【レビュー】CX 100 カナル型イヤホン【ゼンハイザー】【低価格のエントリーモデル】

ゼンハイザーのイヤホン「CX 100」をレビューのレビュー記事です。ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーです。「CX 100」はエントリーモデルのイヤホンです。
以前に購入した、ゲーミングヘッドセット「GSP301」の音が非常に良いと感じました。
そこで、「イヤホンも音質が良いのでは?」と思い、イヤホンを購入しました。イヤホンの用途は、iPhoneやPCに接続して音楽を聞くために使用しています。

1 CX 100を開封!

 外箱は白をベースにした箱です。

中身を取り出すと、下の画像のように梱包されています。

内容物を表にまとめました。

CX100本体 ケーブル:120cm(Y型)
イヤーピース 4種類
取扱説明書 日本語対応

イヤホンについて

CX 100はカナル型のイヤホンです。

付属のイヤーピースは4種類あります。購入時は右から2番目のイヤーピースが装着されています。

Appleの純正イヤホンと比較すると、ケーブル(枝分かれした後の部分)が若干細いです。Y型のケーブルなので、左右のケーブルの長さは同じです。

先端のコネクタはL型になっており、3.5mmの4極プラグです。スマートフォンやパソコン、アンプなどに接続できます。

2 スペックについて

スペックを表にまとめました。

発売日 2019/02/28
白・黒
本体重量 約10g
型式 ダイナミック・カナル型
インピーダンス 28Ω
周波数特製 17~20,000Hz
感度 119dB

iPhone 6sに付属していたAppleの純正イヤホンと重量を比較しました。

 

CX 100は10g、Apple純正イヤホンは11gです。重さはAppleの純正イヤホンと同じくらいです。

3 実際に使用してみた感想

接続端子が3.5mmの4極プラグなので、同じ端子のiPhone6sのAppleの純正イヤホンと聞き比べをしました。PC(MacBook Air)に直接接続して、音楽を聞いてみました。
Appleの純正イヤホンは低音が強調されて、他の音よりも大きく聞こえる印象です。音はきれいに聞こえますが、曲によっては、低音が大きすぎる印象です。
CX 100は自然な音(本来の曲の音声)が聞こえ、バランスが良いと感じました。です。中音が強めなので、男女を問わずボーカルの声やギターの音が聞き取りやすいと感じました。低音はちょうど良い強さだと感じました。主張しすぎることがなく、聞こえないわけでもありません。中音の次に低音、高音の順で強い印象です。ゼンハイザーのイヤホンを¥3,884(2019/12/24時点)で試すことができます。
興味があれば、チェックしてみてください。