【レビュー】ゼンハイザー IE 40 PROをFPSで使用した感想【モニタリングイヤホン】

この記事は、ゼンハイザーのモニタリングイヤホン(In-ear monitoring)「IE 40 PRO」のレビュー記事です。「音楽を聞くためのイヤホン」ですが、音がクリア小さな音まで聞き分けやすいため、FPSで使用した感想をまとめました。

IE 40 PROの特徴

  • イヤモニ」と呼ばれるタイプのイヤホン
  • 音質がクリア(中~高音に優れている)
  • FPSでも使用できるイヤホン

私の場合、PS5やPCでFPSのゲームをプレイすることが多いです。実際に使用してみて、ゲーム・音楽の両方で使えるイヤホンだと感じました。「IE 40 PRO」は2色(CLEAR・BLACK)販売されており、この記事では「CLEAR」をレビューします。

IE 40 PROを開封

IE 40 PROの外箱です。正面では、IE 40 PROの色が「クリアー」であることが分かります。

背面には商品の説明が記載されています。言語は6種類(英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ロシア語・中国語)で記載されています。日本語での記載はありません。

側面には、内容物や製品のスペックが記載されています。

箱を開けると、スポンジの型に梱包されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

イヤホン(IE 40 PRO) 17g
シリコンアダプター
(予備のイヤーピース)
3種類
フォームアダプター 1種類
ソフトポーチ 7.5cm×8.5cm
クリーニングツール 5.5cm
取り扱い説明書 2種類

書類は2種類です。「注意事項」が記載されたものは日本語に対応しています。

クイックガイドは英語で記載(日本語非対応)されています。図でまとめられているため、絵を見るとイメージしやすいです。

イヤホンについて

イヤホンの重量は17gです。

先端の端子は3.5mmの3極プラグです。ケーブルの長さは1.3mです。

シリコンアダプターは3種類(S、M、L)付属しています。購入時にはイヤホンにMサイズが取り付けられています。

サイズによって、背面の色が分かれてています。

  • L:青
  • M:黒
  • S:赤

シリコンアダプターとは別に、「フォームアダプター」というイヤーピースが付属しています。サイズはシリコンアダプターのMサイズと同じです。フォームアダプターはスポンジが埋め込まれており、クッション性が高いです。

パーツごとに分解することができます。

付属のクリーニングツールは、イヤーピースの清掃に使用します。

ソフトポーチについて

持ち運びで便利なソフトポーチが付属しています。開口部はマグネットのため、シンプルなデザインです。幅:7.5cm、高さ:8.5cmというサイズです。私が使用しているスマートフォン(iPhoneXs)の幅と同じくらいです。「カバンの中にイヤホンを入れておきたい!」という時に便利です。

スペックについて

スペックを表にまとめました。

発売日 2018/12/06
Amazon価格 ¥12,000
接続方法 有線接続
Clear・Black 
本体重量 17g
インピーダンス 20Ω
周波数帯域 20~18,000Hz
感度 115dB(1kHz/1Vrms)
スピーカー形式 Dynamic

実際に使用した感想

音楽を聞いた感想

パソコンに接続して、音楽を聞いてみました。アニソンやJ-POPなどを視聴しましたが、快適に使用できると感じました。音割れなどはなく、「クリアな音質」だと感じました。

中~高音が特に聞き取りやすく、ボーカルの声が綺麗に聞こえました。低音は主張しすぎない程度に聞こえ、低音・中音・高音がバランスよく聞こえる印象です。幅広いジャンルの楽曲で快適に使用できると感じました。

着け心地について

重量が軽く、ヘッドホンのように耳の周りを圧迫するなどの心配がありません。基本的には快適に使用できると感じました。イヤーピースが付いており、カナル型のような見た目ですが、外の音もしっかりと聞こえます。ヘッドセットの開放型に近い印象です。

気になる点

「イヤモニ」のため、気になる点が2つあります。

メガネとの相性
イヤモニは、カナル型のイヤホンに耳に掛けるフックが取り付けられています。メガネは耳にモダン(先端の耳に引っ掛けるパーツ)を耳に引っ掛けます。メガネをかけた状態でイヤモニを使用すると、「耳にフックを2つ引っ掛けた状態」になります。
メガネの種類や自身の耳の大きさ・形などによっては耳が痛くなったり、「そもそも装着できない」という可能性があります。私の場合はメガネをかけた状態で使用していますが、人によっては装着が難しい場合があると感じました。
イヤホンよりも大きめのサイズ
「イヤホン」は一般的に小型で軽量のため、「持ち運びに適したデバイス」です。「IE 40 PRO」は「イヤモニ」のため、フックが場所を取ると感じました。付属のソフトポーチに収納し、コンパクトに持ち運びはできますが、一般的なカナル型のイヤホンほど小さくまとめることは難しいです。「ケーブルをスマホに巻き付けて、カバンに入れたい!」という人には向かない商品です。

ゲームをプレイした感想-PS5でAPEX Legendsをプレイ-

「IE 40 PRO」はゲームにも使用できるイヤホンです。PS5でAstroのMixAmpを接続して使用しました。

ゲーミングイヤホンは低音が強く聞こえるものが多いですが、「IE 40 PRO」は中~高音が強く聞こえるイヤホンです。アンプを使用することで、低音もしっかりと聞き取ることができます。近くの足音や銃声の方向などが分かりやすく、定位感が高い」イヤホンだと感じました。

「IE 40 PRO」は「クリアな音質」で使用できます。音がクリアなため、低音が響きすぎることがありません。小さい音でも鮮明に聞き分けられると感じました。キレのあるクリアなサウンドで使用したい!」という人におすすめです。

「イヤモニ」と呼ばれるタイプのためメリット・デメリットはあります。音楽やゲームなど、幅広く使用できるイヤホンのため、「複数の用途で同じイヤホンを使いたい!」という方に向いていると思います。興味があれば、チェックしてみてください。