【レビュー】SHURE AONIC 215~着け心地の良いイヤーピース~【有線接続】

SHUREのイヤホン「AONIC 215」のレビュー記事です。ゲームや音楽、動画の視聴などで使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。また、類似品との違いをまとめました。

AONIC215の特徴

  • イヤーピース(FoamSleeves)の着け心地がとても良い
  • フォーム・スリーブスのイヤーピースを採用
  • イヤーフックの形状を調整できる
  • インラインマイク・リモコン付き
  • 有線接続

SHUREのイヤーピース「フォーム・スリーブス」は、着け心地がとても良いと感じました。また、イヤーフックの形状を変えれる点も良いと感じました。

AONIC 215を開封

AONIC 215の外箱です。箱は丸いです。

背面には、内容物や簡単な説明が記載されています。

箱を開けると、取扱説明書が見える状態です。

紙の下にはイヤホン・ケースが梱包されています。

下の段には「オーナーズ・マニュアル」が梱包されています。

内容物一覧

箱から中身を取り出した様子です。

内容物一覧

  • イヤホン(AONIC 215)
  • キャリングケース
  • イヤーピース
    • フォーム・スリーブス(S/L)
    • ソフト・フレックス・スリーブス(S/M/L)
  • クリーニングツール
  • 取扱説明書
  • オーナーズ・マニュアル

取扱説明書は日本語に対応しています。ページごとに日本語に翻訳されています。

オーナーズ・マニュアルも同様に、日本語に対応しています。イヤホンを使う時の注意事項・メンテナンスなどの記載されています。

イヤホンについて

イヤホンの重量は22gです。有線のイヤホンは15g前後の場合が多いです。AONIC 215にはリモコンが付いているため、やや重くなっていると考えられます。測定した数値では「やや重め」ですが、実際に使ってみると重さは気になりませんでした

先端の端子は3.5mm4極プラグです。

筐体はクリアで、中が見えます。

筐体の内側には「SE215」と記載されています。また、L、Rの刻印があります。「AONIC 215」は「SE215」の後継機のため、同じ筐体が採用されているようです。

イヤーフックは自由に変形できます。針金のように形状記憶されます。自身の頭の形状・耳のサイズに合わせて変形できます。「曲げる位置が自由に選べる」という点が良いと感じました。

イヤホンは分解できます。

イヤーピースが取り付けられているノズルに汚れがたまったら、クリーニングツールで取り除きます。

右耳用のイヤホンには、リモコンが付属しています。スマホなどに接続した時に、音量調整・一時停止などの操作ができます。

背面にはアンドロイド・iOSの切替スイッチがあります。

ケーブルはY型です。

キャリングケースについて

キャリングケースはハードタイプです。

 

ファスナーで開閉し、内側はファブリック素材です。ポケットがあるため、小さなものを分けて収納できます。

イヤーピースについて

イヤーピースは2種類付属しています。

イヤーピースの種類

  • フォーム・スリーブス(S/M/L)
  • ソフト・フレックス・スリーブス(シリコン製)(S/M/L)

開封時には、フォーム・スリーブス(Mサイズ)が取り付けられています。フォーム・スリーブスはスポンジのように収縮する素材です。密度が高く、耳の形状に合わせて変形する素材です。

スペックについて

AONIC 215のスペックを表にまとめました。

発売日 2020/09/03
Amazon価格 ¥13,109
接続方法 有線接続
White/Clear/
Translucent black/
Translucent blue 
本体重量 22g
インピーダンス 17Ω
ドライバー シングル・ダイナミック・
マイクロドライバー
周波数帯域 22~17,500Hz
感度 107dB SPL/mW(@1kHz)
型番 SE215DYCL+UNI-A(クリア)
SE215DYWH+UNI-A(白)  
SE215DYBK+UNI-A(黒)  
SE215DYBL+UNI-A(青)  

 

類似品との違い

SHUREのイヤホンには「AONIC 215(有線タイプ)」に似た商品があります。

SE215

AONIC 215によく似た有線接続のイヤホンです。イヤホン自体は同じものです。主な違いは2つあります。AONIC 215はSE215の後継機にあたる商品です。

AONIC 215とSE215の違い

  • ポーチの違い(布製・ハードタイプ)
  • マイク、コントローラーの有無

ケースにこだわりがない場合、マイクが必要ない場合にはSE215を選択しても良いと思います。

AONIC 215(ワイヤレス)

同じ「AONIC 215」という商品名で「完全ワイヤレスイヤホン」が販売されています。通勤・通学で「iPhoneなどに接続したい」「有線接続では使用しない」という人に向いています。

アダプターのみでも販売されています。SHURE製のイヤホンをワイヤレスイヤホンとして使用できる商品です。「有線でも無線でも使用したい!」という人におすすめです。

実際に使用した感想

ゼンハイザーのモニタリングイヤホン「IE 40 Pro」と聞き比べました。

音質について

AONIC 215」をゲーム、音楽、YouTubeやアニメなどの動画視聴で使用しました。低音の重みが少なく、低~中音の音域で音がクリアだと感じました。

「IE 40 Pro」は中~高音の音域で音がクリアだと感じました。シンバルなどの高音がとても綺麗に聞こえるイヤホンです。「IE 40 Pro」は、繊細な音を聞くことに優れたイヤホンだと感じました。「音のクリアさ」を比較すると、「IE 40 Pro」の方がクリアな音質だと感じました。

着け心地について

着け心地がとても良いと感じました。イヤーフックが自由に変形できます。耳の大きさや位置は人それぞれです。それぞれのサイズに調整できるため、快適に使用できる人は多いと思います。

眼鏡をかけて使用しても、問題ありませんでした。イヤーフックを曲げることで、調整できます。イヤーフックとメガネのモダン(耳に引っ掛けるパーツ)が同時に耳に引っ掛かることはありませんでした。

フォームスリーブス・フォームが耳の形状に変形します。隙間なく、耳の形状に合わせてイヤーピースが変形します。「フィット感が高いものが好き!」という人には、とても良いイヤーピースだと感じました。

音楽を聞いた感想

AONIC 215」は音楽を聞くためのイヤホンです。楽曲や男性・女性などの「声の高さ」からの影響が少なく、「幅広く使えるイヤホン」だと感じました。

「音のクリアさ」を重視する人には「IE 40 PRO」の方が向いています。しかし、音楽や動画などで使用する時に「クリアさ」を求めない人もいると思います。「幅広く、バランスよく聞こえるイヤホンが欲しい!」という人に向いていると感じました。

PS5でゲームをプレイした感想-APEX Legendsをプレイ-

PS5でAstroの「MixAmp Pro TR」に接続して使用しました。

AONIC 215は低音の「重み」が少ないイヤホンですが、アンプに接続することで低音が聞き取りやすいと感じました。足音や銃声の方向が分かります。FPSやバトロワなどでも使用できるイヤホンだと感じました。

IE 40 Proと比較

IE 40 PROとの違いをまとめました。どちらも良いイヤホンですが、違う点があります。

商品名 AONIC 215 IE 40 PRO
端子の種類 3.5mm4極プラグ 3.5mm3極プラグ
端子の形状 ストレート型 L字
マイクの有無 有り なし
リモコンの有無 有り なし
イヤーフック どこでも曲げれる 折り曲げる位置が決まっている
音のクリアさ イヤホンの中ではクリアな部類 AONIC 215よりもクリア
定位感 IE 40 PROには劣るが、方向は分かる 銃声や足音の方向が分かりやすい

端子の形状がストレート型のため、個人的にはメリットだと感じました。ズボンのポケットにいれたスマホに接続する時、目の前のアンプに接続する時などL字型だとケーブルが曲がってしまいます。L字型の端子の場合、イヤホンが引っ張られて耳に負担がかかる事があります。用途によってはデメリットになることもありますが、個人的にはメリットだと感じました。

おすすめの用途・目的

  • AONIC 215:主に音楽や動画の視聴で使いたい人、着け心地を重視する人
  • IE 40 PRO:ゲームなどで定位感や「クリアさ」を重視する人

AONIC 215の気になる点

着け心地を重視する人におすすめのイヤホンですが、気になる点が3つあります。

  • イヤーピースの交換が大変
  • リモコンはスマホでしか使えない
  • 「高遮音」だが、イヤホンの外の音は聞こえる

イヤーピースの交換が大変

スポンジのような「フォーム・スリーブス」、シリコン製の「ソフト・フレックス・スリーブス」の2種類が付属しています。「フォーム・スリーブス」は「固くて外しにくい」と感じました。スポンジの表面の加工が「破れるのでは?」と不安になりました。

また、「ソフト・フレックス・スリーブス」はイヤーピース側の穴が小さく、「取り付けにくい」と感じました。取り付けにくいため、外れにくいイヤーピースですが、「簡単に着脱できない」点が気になりました。

交換方法は、下の動画を参考にしました。

リモコンはスマホでしか使えない

AONIC 215にはリモコンがあります。PC、PS5で使用したところ、音量調整やミュートなどの機能が使えませんでした。

リモコンにはマイクが内蔵されています。PS5では、マイクを使用することができました。マイクが首のあたりにあるため、声が入りにくいです。また、キーボードやコントローラーの操作音を拾いやすいです。ボイスチャットを使用することが多い人には、あまり向いていないと感じました。

「高遮音」だが、イヤホンの外の音は聞こえる

気になる点はありますが、着け心地の良いイヤホンです。「着け心地を重視する」という人におすすめです。また、カラーバリエーションが豊富です。興味があれば、チェックしてみてくだいさい。