【レビュー】Soundcore Life A2 NC~ノイキャン搭載でコンパクト~【Anker】

Soundcoreのワイヤレスイヤホン(Life A2 NC)のレビュー記事です。Liverty Air 2 Proと同日(2021/01/20)に発売されたモデルです。コンパクトなサイズノイズキャンセリングに対応したイヤホンです。実際に使用した感想や、使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。

Life A2 NCの特徴

  • 再生時間:最大7時間(イヤホン本体のみ)/最大35時間(ケース使用時)
  • 専用アプリ「Soundcore」に対応
  • 3種類のノイズキャンセリング
  • タッチ操作
  • USB Type-Cで充電
  • 防水に対応(IPX5)

Life A2 NCを開封

Life A2 NCは水色の箱に梱包されています。

背面には英語で説明が記載されています。

側面にはHybrid Active Noise Cancellationの記載があります。

商品はプラスチックの型に梱包されています。

説明書類の下にはイヤーチップ・イヤーウイング、充電ケーブルが梱包されています。

イヤーチップのサイズは型に記載されています。イヤーウイングのサイズは、イヤーウイング自体に記載されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物一覧

  • イヤホン(Life A2 NC)
  • イヤーチップ(XS/S/L/XL)
  • イヤーウイング(S/L)
  • 充電ケース
  • USB-Cケーブル
  • 取扱説明書

取扱説明書は日本語に対応しています。

開封時に取り付けられているイヤーチップはMサイズ(S<M<L)です。イヤーウイングも同様にMサイズ(S<M<L)が取り付けられています。

イヤホンについて

イヤホンはコンパクトな形状です。

ロゴの部分はタッチパッドです。専用アプリで操作方法を設定します。

イヤーウイングはS、M、Lの3種類のサイズから選択できます。イヤホン側に突起があり、イヤーウイングを差し込むことで固定します。固定されているため、使用中に分離することはありません。

イヤホンの下部には充電端子(金色の部分)があります。マグネットになっているため、充電ケース側の端子に固定されます。

イヤホンの重量は、左右の合計で12gです。Soundcoreのワイヤレスイヤホンは10g程度の商品が多く、やや重めです。しかし、1~2gの差のため体感では分からないくらいの差です。

充電ケースについて

充電ケースはプラスチック素材です。マット加工が施されているため、表面はサラサラとした手触りです。

側面の凹みに指を引っ掛けてケースを開けます。

ケースを開けた状態です。イヤホンとケースは、マグネットで固定されています。

ケースの側面には、ケースのバッテリー残量が表示されています。

バッテリー残量の表記

  • 左:点滅→<30%
  • 左:点灯、中央:点滅→30%-70%
  • 左、中央点灯、右:点滅→>70%
  • 全て点灯:100%

奥側にはUSB Type-Cの差込口があります。ホコリなどが入らないように、フタが付いています

底面にはボタンがあります。ボタンの機能は他の機種と同様の機能です。

ボタンの機能は2つ

  • ペアリング→充電ケースに両方のイヤホンを戻し、充電ケースを開いた状態にする。ケースのボタンを3秒間押し続け、イヤホンのLEDインジケーターが白く点滅し、ペアリングモードになるまで待ちます。
  • リセット→充電ケースのカバーを開いた状態で、ケースのボタンを10秒間長押しする。イヤホンのLEDインジケーターが赤色に3回点滅してから白く点灯するまで待ちます。

ケースの重量は55gです。

ケースとイヤホンの重量は合計68gです。

ケーブルについて

充電ケーブルの端子はType-AとType-Cです。ケーブルの長さは約60cmです。

スペックについて

Life A2 NCのスペックを表にまとめました。

発売日 2021/01/20 
Amazon価格 ¥9,990
再生時間
通常モード
最大7時間(イヤホン本体のみ)
最大35時間(充電ケース使用時)
ノイズキャンセリングモード
最大6時間(イヤホン本体のみ)
最大30時間(充電ケース使用時)
外音取り込みモード
最大6時間(イヤホン本体のみ)
最大30時間(充電ケース使用時)
重量 約67g(充電ケース含む)
防水規格 IPX5
充電端子 USB Type-C
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル AVRCP、A2DP、HFP、HSP
対応コーデック SBC/AAC
ドライバー 11mm
製品型番 A3935011(ブラック)

専用アプリ「Soundcore」について

Soundcore

Soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

Life A2 NCは専用アプリ「Soundcore」に対応しています。

設定すると、下のような画面に切り替わります。

イコライザーの設定

イコライザーは「プリセット」・「カスタム」から選択します。プリセットは22種類から選択できます。

   

「カスタム」では、周波数(Hz)ごとに音圧レベル(dB)を調整できます。

ノイズキャンセリングの設定

Liverty Air 2 Proと同様に、3種類ノイズキャンセリングに対応しています。

3種類のモードから選択できます。

  • ノイズキャンセリングモード
  • 外音取り込みモード
  • 標準

ノイズキャンセリングモードは3種類から選択できます。

選べる3つのノイズキャンセリングモード

あなたが今いる環境をアプリ上で選ぶだけで、そのシーンに最適なノイズキャンセリングを起動させることができます。

  • 交通機関モード:乗り物のエンジン音や走行音など、低周波ノイズを最小限に抑えます。
  • 屋内モード:周囲の会話など中周波ノイズを低減します。
  • 屋外モード:街中の環境音などのノイズを低減します。

出典:Anker(アンカー)Japan公式サイト|Soundcore Life A2 NC

「外音取り込みモード」では「イヤホンの外の音」を取り込むことができるモードです。

操作の機能を割り振る

「ダブルタップ」、「2秒間長押し」で出来る機能を割り振ります。

機能一覧

  • 音量小
  • 音量大
  • 次へ
  • 戻る
  • 再生/一時停止
  • モード設定(ノイズキャンセリングモード、外音取り込みモード、標準)

「オートパワーオフ」について

Life A2 NCは「オートパワーオフ」に対応しています。スマホなどの端末にイヤホンが接続されていない時、自動でイヤホンの電源をオフにする機能です。機能自体のオン・オフ、電源が切れるまでの時間が設定できます。

 

実際に使用した感想

ジムで使用してみた感想

Life A2 NCをフィットネスジムで筋トレをする際に使用しました。

ノイズキャンセリングについて

同日に発売されたLiverty Air 2 Proと同様に3種類のノイズキャンセリングが使用できます。Liverty Air 2 Proと同様に、3種類のノイキャンの違いはあまり感じられませんでした。また、ノイズキャンセリングの効果はLiverty Air 2 Proより劣ると感じました。

着け心地について

Life A2 NCはフィット感が高いイヤホンだと感じました。イヤーウイングが付いているため、耳にしっかりと固定されます。購入時にはMサイズが取り付けられています。交換用にSサイズ、Lサイズが付属しています。

私の場合、最初の頃にイヤーウイングのサイズが少しキツく感じました。使用している間に慣れてきたため、Mサイズのイヤーウイングを使用しました。イヤーウイングのサイズによって、耳が痛くなることがあるかもしれません購入後にイヤーウイング、イヤーチップのサイズ確認・調整はした方が良いと思います。

気になった点

収納時に注意が必要

Life A2 NCはイヤーウイングを取り付けた状態で充電ケースに収納できます。

イヤーウイングがシリコン製のため、ケースに引っ掛かることがあります。充電の端子が浮いてしまい、充電されていないことがありました

ケースに収納するときは、プラスチックの部分を指で軽く押しつけると充電されます。「カチッ」と音が鳴り、ケースのLEDが光ったことを確認することで解決できます。ワイヤレスイヤホンは「ケースに置くだけ」で充電されるものが多いため、少し面倒だと感じました。

充電ケースのType-C端子の差込口

Type-Cの差込口にフタがあります。ホコリなどから守られる点は良いと思いますが、フタを開けることが面倒だと感じました。良いと感じる人もいるとは思いますが、私の場合は不要だと感じました。

音質について

音質は専用アプリのイコライザーで変更できます。初期設定のイコライザー(デフォルト)で使用しました。ノイズキャンセリングモードは「交通機関」で使用しました。

静かな場所ではフラットに聞こえました。低音、中音、高音がバランスよく聞こえるイヤホンです。高音は音程によってシャリシャリすることがありました。ジム(スピーカーから音が流れる場所)で使用した場合、中~高音が聞き取りやすく感じました。音のクリアさはLiverty Air 2 Proに劣りますが、Liverty Air 2よりも優れると感じました。しかし、バッテリーの持ちは優れています(イヤホンのみで7時間、ケース使用時35時間)

良い音質で予算を1万円以内で抑えたい!」「バッテリーの持ちがよく、IPX5の防水性能が必要!」「コンパクトなワイヤレスイヤホンが欲しい!」という方に向いていると感じました。興味があれば、チェックしてみてください。

また、「3,000円くらいの金額であれば、クオリティが高いものを選びたい!」という方にはLiverty Air 2 Proを検討しても良いと感じました。