【レビュー】VersionTek 外付けDVDドライブ

VersionTekの外付けDVDドライブのレビュー記事です。パソコンはMacBook Airを使用しており、Type-C(パソコンに直接差込む場合)とUSB-A(ハブに接続する場合)でどちらも使用できるDVDドライブを探したところ、Version TekのDVDドライブを購入しました。ソフトのインストールなどは無く、PCに接続したらすぐに使用できるDVDドライブです。

1 DVDドライブを開封!~内容物一覧~

外箱には商品の画像が添付されています。

背面は英語で説明が記載されています。

箱から取り出した様子です。

中身を表にまとめました。

DVDドライブ 15.0×15.5×1.8cm(264g)
ケーブル 51cm
マニュアル 日本語非対応(英語表記)

DVDドライブの背面には4箇所に滑り止めのゴムが付いています。

ディスクを取り出す時に押すボタンと接続時に光るランプです。

ケーブルは入力端子はDVDドライブの本体に差込むために使用するmini-USBのmini-B端子です。

出力端子はUSB3.0とType-Cの端子が枝分かれしています。どちらの端子にも出力できます。

2 性能について

DVDやCDの読み込み・書き込みができます。

インターフェース USB3.0
読み込み速度
  • DVD-ROM:8X
  • CD-ROM:24X
  • DVD-RAM:5X
書き込み速度
  • DVD±R:8X
  • DVD-RW:6X
  • DVD+RW:8X
  • DVD-RAM:5X
  • CD-R:24X
  • CD-RW:16X

3 実際に使用した感想

CDの読み込みで使用した場合(CD→iTunes)

CD-ROMの読み込み速度は24倍速なので実際にCDを読み込みました。CDをドライバに入れてからすぐにFinder(Windowsではマイドキュメント)やiTunesが立ち上がりました。iTunesでCDを6枚読み込んだところ、以下のような結果でした。

曲数 CDの再生時間(合計) iTunesの読み込みの時間 iTunesの読み込みの時間
/CDの再生時間
5 20分11秒 3分32秒 1/5.7
9 37分15秒 5分35秒 1/6.7
10 45分55秒 7分 1/6.6
12 48分52秒 7分30秒 1/6.5
9 37分39秒 5分30秒 1/6.8
16 76分52秒 13分6秒 1/5.9

パソコンへの読み込みの速度は高速ですが、iTunesに関しては普通の速度という印象です。読み込みをしている時は、DVDドライブが発熱することは1回もなかったです。音に関しては、6枚中2枚で大きな音が鳴っていました(モーターのような音)。残りの4枚は「CDが回転している」と分かる程度の音がなっていました。高速で回転する時の音が大きいため、DVDで映画を観る際に機密性が低いイヤホン・ヘッドホンをしていると不快に感じます。私の場合は、主にCDやDVDのデータを読みこむために使用しているため、快適に使用しています。

CDやDVDのデータを読みこむためにお洒落なDVDドライブを探している人発熱しないDVDドライバを探している人専用ソフトなどで設定をしたくない人におすすめです。興味があればチェックしてみてください。