【レビュー】LEDテープライト~デスク周りを装飾~【WenTop】

WenTopの「LEDテープライト」のレビュー記事です。PCのモニターやゲーミングモニターなど、モニターの下は暗くなりやすいです。

そこで、LEDテープライトを使用して「モニターの下の暗さ」を改善するために購入しました。私の場合、ディアウォールで作成した木の壁にLEDテープライトを貼り付けました。約2,000円でデスクの雰囲気を変えられるライトだと感じました。

WenTopのLEDテープライトの特徴

  • 幅:10mm、厚さ:2mm、長さ:5m
  • 約10cmごとにカットできる
  • 防水に対応(IP65)

実際に使用して感じたメリット・デメリットをまとめました。

テープライトを開封

WenTopテープライトの外箱です。

バーコードの部分に防水規格「IP65」と記載されています。

外箱の背面です。QRコードを読み取ると、WenTop社のFacebookページに移動します。

箱を開けた様子です。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物一覧

  • LEDテープライト(5m)
  • リモコン
  • 受信機
  • 電源アダプター
  • 取扱説明書

取扱説明書は日本語で記載されています。

LEDテープライトについて

LEDテープライトは袋に梱包されています。

全体の長さは5mです。ハサミのマークの部分で切り取ることができます。切り取り線は10cmごとにあり、10cm間隔で長さの調整ができます。

10cmあたり3つのLEDが配置されています。

リモコンについて

リモコンは44個のボタンがあります。「44keyリモコン」と呼ばれています。

コイン形の電池は最初から入っていました。

電池の種類は「CR2025 3V」です。

受信機・電源アダプターについて

受信機はリモコンからの信号を受信します。

電源アダプターの差込口です。

背面には3Mの両面テープが貼り付けられています。机や壁などに貼り付ける時に使用します。

受信機のケーブルの先端です。黒い部分でリモコンの信号を受信します。

受信機のケーブルとLEDテープライトを接続した様子です。矢印の位置を合わせて接続します。

電源アダプターです。ケーブルの長さは120cmです。

LEDテープライトを点灯させてみた

LEDテープライトを受信機、電源ケーブルに接続して点灯させました。点灯させてみると、発色が良いと感じました。

明るさは8段階で調整できます。最も明るい状態と最も暗い状態を比較しました。ライトを暗くすると、ライトが照らす距離が短くなることが分かります。

リモコンの下部のモードを使用してみました。色が変化する速度、明るさは調整できます

「JUMP3」の様子です。

「JUMP7」の様子です。

「FADE3」の様子です。

「FADE7」の様子です。

スペックについて

WenTop LEDテープライトのスペックをまとめました。

Amazon取り扱い開始日 2020/05/09
Amazon価格 ¥2,099
10mm
厚さ 2mm
長さ 5m
防水等級 IP65
制御モード IR
調光モード PWM
作業温度 -20~60度
アイテムのカラー ホワイト
44キーコントロールボード
入力電圧 12V DC
MAX出力電流 1.5A
MAX出力電力 18W
コントロール距離 5m(障害物がない場合)
材料 プラスチック
寸法 12.5×5.5×0.7cm

実際に使用した感想

取り付けた様子と感想

実際に取り付けた様子です。ディアウォールに取り付けた1×4材にLEDテープライトを貼り付けました。

モニターの下の暗さが改善されました。デスク周りのブランドに色を合わせるなど、色を自由に変更できる点が魅力的だと感じました。「白いデバイスで揃えている!」という場合には、ライトを白くすることもできます。

色には「心理効果」があるため、ゲームや作業、仕事などにも活用できると思います。FPSやバトロワで「冷静に行動したい!」という時は青色、「落ち着いて立ち回りたい!」という人は緑色が向いているようです。明るい気分になりたい時は赤色オレンジ色など、気分に合わせて色を変更できます。

画像ではLEDの粒が目立っていますが、個人的には気になりませんでした。板や机に反射して間接照明として使用しているため、「粒っぽさ」は軽減されていると感じました。

気になる点

簡単に雰囲気を変えられるLEDテープライトですが、気になる点が2つありました。

気になる点は2つ

  • 両面テープの粘着力
  • ライトの粒っぽさ

両面テープの粘着力

両面テープの粘着力が弱いと感じました。「何度も貼りなおせる」というメリットはありますが、貼り付けた「LEDテープが剥がれる」というデメリットがあります。気になる場合、両面テープを強力なものに交換した方が良いと思います。私の場合は木材に貼り付けているため、結束バンドで補強して使用しています。

ライトの粒っぽさ

私の場合は気になりませんでしたが、人によっては気になることがあると思います。反射させる壁や机などが近い場合、粒が目立つ場合があります。

メリット・デメリットはありますが、約2,000円で雰囲気を変えられるLEDテープです。興味があれば、チェックしてみてください。