【レビュー】YADEA G21 スマートウォッチ【大きくて見やすい画面】

YADEAから販売されているスマートウォッチ「G21」のレビュー記事です。画面が見やすいスマートウォッチです。低価格なスマートウォッチですが、良い点・悪い点があると感じました。この記事では、実際に使用して感じたメリットデメリットをまとめました。

G21の特徴

  • 画面サイズが大きい
  • バンドが2種類付属
  • 防塵・防水性能:IP68
  • 文字がきれい(IPSフルタッチスクリーン)

G21を開封

G21の外箱です。

背面には製品の仕様が記載されています。

中身はプラスチックの型に梱包されています。

内容物一覧

中身を取り出した様子です。

内容物を表にまとめました。

スマートウォッチ本体(G21) 47.6g
予備のバンド 1本
充電ケーブル 65cm
取り扱い説明書 日本語対応

取り扱い説明書は日本語で記載されています。説明書には操作方法、機能の説明、注意事項が記載されています。

スマートウォッチ本体ついて

画面の右側には2つのボタンがあります。画面自体はタッチパネル(タッチスクリーン)です。タッチパネルと2つのボタンで操作します。タッチスクリーンは直径43.5mmです。スマートウォッチの中では大きめの画面だと感じました。

ボタンは2つ!

  • 右上のボタン:ブート/画面戻る
  • 右下のボタン:運動モード

画面の左側にはボタンがありません。

裏面には緑光センサーと充電接続ポイントがあります。

付属のバンドについて

G21には予備のバンドが付属します。バンドは簡単に外すことができます。下の画像で赤丸の部分をスライドすることでバンドが外れます。

バンドを取り外した様子です。取り付ける時は、赤丸の部分を引っ掛けてから元に戻します。

予備のバンドは上下に分かれています。金具の大きさ・形状が違います。また、金具に引っ掛けて残ったバンドの固定方法が違います。バンドの内側に余ったバンドを収納するか、バンドの外側に余ったバンドを収納するかの違いです。

下側のバンドは長さと穴の数が違います。

充電ケーブルについて

充電ケーブルは65cmです。端子はUSBのType-Aとスマートウォッチに合わせたマグネット付きの端子です。

スマートウォッチの背面にマグネットで固定して充電します。以前レビューした「NY07」の充電ケーブルと同じ形状の端子です。NY-07のケーブルを使用しても充電できました。

スペックについて

スペックを表にまとめました。

Amazon取り扱い開始日 2020/09/21 
Amazon価格 ¥4,970 
型番 G21
サイズ(L*H*W) 260mm*43.5mm*11.3mm
本体重量 47.6g
内蔵バッテリー容量 220mAh
スタンバイ時間 20日間
連続使用 7日間
充電時間 3時間
充電電圧 5V
通信方式 Blutooth5.0
対応OS iOS9.0+、Android4.4+
スクリーン IPSフルタッチスクリーン
性能
防塵・防水 IP68
スポーツモード
23種類のモード 屋外でのランニング
自転車
縄跳び
バドミントン
卓球
テニス
登山
徒歩
バスケ
サッカー
野球
バレーボール
クリケット
ラグビー
ホッケー
踊る
动感自転车
ヨガ
腹筋運動
ランニングマシン
体操
船を漕ぐ
開閉跳び
素材
ベルトの素材 シリコン

防塵・防水性能はどちらも最高のIP68です。粉塵から完全に保護され、水面下でも使用できる性能です。

アプリ「Gloryfit」について

スマートウォッチのデータや設定を管理するためにアプリ「Gloryfit」を使用します。

スマートフォンとG21を接続

箱の背面や取扱説明書のQRコードを読み込みます。

App StoreやGoogle Playなどからインストールします。

アプリの設定

アプリを起動すると、ユーザーの登録(簡単な設定)が始まります。不要であれば、スキップできます。

身長の設定。

体重の設定。

年齢の設定。

目標歩数の設定。以上で設定が完了です。

G21をアプリと接続

画面右上のスマートウォッチのアイコンをタップします。

スマートウォッチを選択をタップします。

接続できると、画面のアイコンからバツ(斜線)が消えた状態に変わります。

以上でアプリとスマートウォッチが接続された状態です。

Gloryfitで設定できること

アプリでは、スマートウォッチのデータを管理します。設定は「デバイス」タブで行います。

 

「文字盤変更」では、文字盤の種類が変更できます。51種類から選択できます。文字盤の種類が多いことは「G21」を選択するメリットだと思います。タッチパネルが大きめのため、どの文字盤を使用しても時間や日付、歩数などのデータが見やすいです。

   

「他のアプリ通知」では、Gmail、Lineなど「アプリごとの通知をスマートフォンに表示するか?」を設定します。

 

実際に使用した感想

気になる点

反応について

G21には「腕上げ点灯」という手首を持ち上げることで画面が点灯する機能があります。他のスマートウォッチにも同様の機能がありますが、「G21」は少し反応しにくいと感じました。ゆっくりと腕を持ち上げた時に点灯しないことが多いです。ある程度の速さで腕を上げないと点灯しない」という点が慣れるまでは不快に感じました。

スポーツモードについて

スポーツモードは23種類あります。私の場合、トレーニングジムで筋トレやランニングなどをする時に使用します。ざっくりと「筋トレ」「トレーニング」というメニューが無いため、「メニューを選ぶことが面倒くさい」と感じました。

私の場合、「トレーニングを何分間くらいやっているか?」「どのくらい休憩しているか?」が分かればよいので、「腹筋運動」「ウォーキング」などでざっくりと何分間くらい運動している」ということを把握しています。

メーカーについて

「YADEA」はインターネットで検索すると、「中国の電動バイクのメーカー」であることが分かります。しかし、スマートウォッチ「G21」には「YADEA」のロゴや記載がないため、「電動バイクのYADEAと同じかどうかは不明」です。

着け心地について

スマートウォッチの中では大きめの液晶ですが、着けていて邪魔になることはありませんでした。バンドがシリコン素材のため、やわらかいです。心拍数を測るために強めに締めていますが、圧迫感はありません。重さは47.6gのため、重さによる疲れはありませんでした。

ディスプレイがきれい!

「G21」には「IPSフルタッチスクリーン」が採用されています。Xiaomiの「Smart Band 5」との比較画像です。スクリーンが丸く、1行に表示できる文字数が多いです。

文字サイズがやや大きく、余白が広いため「文字が見やすい」と感じました。メールやLine、着信などの通知を見るために使いたい!」という人におすすめです。興味があれば、チェックしてみてください。